術後5年の毎日

こんにちは

コメントを入れてくださった方、ずっとお返事をしておらずに
大変心苦しく思っております。

読ませていただいて、胸にこみ上げてくる思いが色々あるのですが
上手に言葉にならずにすみません。

ただ、同じような状況の方が検索でこのブログを見てくれることもある様なので
コメント欄の素敵なメッセージを見たら
孤独感がきっと和らぐのではないかなと思い
公開にさせていただいています。
御理解いただけたら嬉しいです。



先日から、やはり昔の生活を懐かしむ自分とのたたかいは
じわじわと消えずに残っています。
体が元気になった分、周りとの比較に敏感になっているようです。

ですが最近は「小さく暮らす」という考え方を気に入って、実行しようとしています。
まず、とにかく物を捨てて、必要なものだけをそばに残すことにしました。

本→宅配の買い取りに出しました。実は、診断された直後から、もしかしたら家で最後の日々を過ごすことになるかもしれない・・・と思い、気になる本を本棚いっぱいに集めていたのです。
でも今はお散歩がてら図書館に行ける体力と、時間があります。ですから一部、売りました。
病気に関する本も、相当買い込みました。再発した時のためにととっておいたのですが
今はネットもあるし、その頃にはガイドラインも進化しているだとう思い、ありがとうの気持ちを込めて売りました。

服→これも宅配の買い取りで売りました。微々たるものですが、まったく捨てるよりはいいかなと。着古しのパジャマ、化学療法治療中に来ていた部屋着やバンダナや帽子、かつらは、いたんでいるものは思い切って捨てました。いままでありがとう、さようなら、という言葉を添えて。
会社員時代に着ていた服は質の良いものが多いですが、デザインも古いので思い切って捨てたものも何着かあります。

そして、またいつか必要になるかもしれないと思いとっておいた仕事関係のものも、古い食器も、たくさん捨てました。
ずっと段ボールにはいったまま使っていなかったからです。
捨てても何ら支障がないことに気付き、
私の毎日は、確実にあたらしい方向に開けているのだと
体感として理解できて、良かったです。

先日の記事にも書きましたが、幸せって何なのか。
今の私にとってはうまいこと小さく暮らすことが幸せです。

トレンドのお洋服やバッグはもちろんまだまだ大好きです。
豪華な旅行も行きたい。
ですが、もともとシンプルな装いが好きなことを優先して
手触りの良い落ち着いた色の服を少しだけ持って
バッグも、靴も、良い物を少しだけ。
そういう自分にあったスタイルが大丈夫な職場にいることを感謝して。
お洒落なランチは毎日のように食べなくても
自分で作ったお弁当は自信を与えてくれます。

バリバリはたらいていたころの自分だったら
どう思うだろう?しょぼいなって思うだろうか?
でも時間があるから、じっくり服を選んで、少なくてもお気に入りのワードローブがつくれるし
時間があるから、安くておいしくて、体に良いお弁当を作ることができる。
時間があるから、興味のある映画も、コンサートも、そして学校にも行ける。
働きすぎて疲弊していないから、お酒をたくさん飲んで倒れるように寝なくてもいい。
そうきっと、時間があって心の余裕があることは悪くないって思っているはずです。

今の暮らしは、思い描いていたものとちょっと違います。
だけど、なかなか悪くないのでは?って思う瞬間も確実にあります。

最後には、幸せだった!と笑っていたい。
そのために、毎日毎日、自分を大切にして行きたい。
[PR]
# by reeelax | 2014-09-20 16:06 | 術後治療 | Comments(7)

ついに術後5年 元気です

ご無沙汰しております。

今年も術後検査を行いました。
と言っても超音波と血液検査のみですが、問題なしということでした。

お腹への注射は特に大きな所定の回数を無事に終え、
現在はタスオミンのみを服用しているだけの毎日なので
達成感のようなものはあまりなく
何か脱力感にも似た軽い安堵を覚えました。

タスオミンは結局術後7年飲んだ方が良いというデータがあるということで
先生と相談して、やはりあと2年飲むことに決めました。
また、生理も結局戻っていません。
病気のことを考えたらどちらも悪い事ではないでしょう。
ただ、このことが、やはり自分の気持ちに影響をしているのだと思います。

人間の気持ちと言うのは、すぐ贅沢に慣れてしまうものなんだなあと
苦笑してしまいます。
体力も、見た目も、治療前とほぼ変わらないくらいに回復して
自分のしたいことが何でもできる状態に戻ってしまうと
マイナスの部分をクローズアップして、残念に思ってしまう。

今、自分がここにいること自体が、本当にありがたいことのはずだったのに。
心のバランスがこの1年で変わって来ていることにあらためて気づきます。

でも、もしかしたらそれが生きて時間を重ねるということなのかもしれませんね。

具体的な体の状態としては、
まず胸の傷とわきの下のリンパを取った傷ですが、これははじめからほぼ目立たず
温泉にもプールにも行っています。
放射線をあてた皮膚ですが、外見上は何も変わったところがありません。
温存手術をした乳房ですが、よくよく見れば自分では、術側の右が多少小さいかなと思いますが
元々左側は心臓のせいで大きいと聞いたことがありますし
ブラのカップも同じです。
右腕のむくみについては、とくに大きな違和感などはなかったので、
術後4年を過ぎたころから右手でも荷物を持ったりするようになっていました。
しかし今年の5月から6月にかけて、スマホやPCのやりすぎなのかむくみとだるさと痛みを感じたため
慌ててリンパドレナージュを復活させ、右手では重い物は持たない方向で生活しています。

体調はそんなところです。

目標としていた術後5年が過ぎたこと、あまり実感がありません。
これからも自分らしくいられたらという気持ちでいっぱいです。
幸せって、なんでしょうね。
この病気との出会いで、自分が幸せの基準として置いていたものが崩れてしまって、
新しく立て直すのは簡単ではないなとも思いますが、
いつか自信を持って、自分の人生幸せだった!と言い切れるように
時間を使って行きたいですね。

最近私が感じていることなど、もう少し書けたらと思いますが
一旦ここまでで記録として残しておきたいと思います。
[PR]
# by reeelax | 2014-07-10 11:40 | 病気のこと | Comments(2)

術後もうすぐ4年、元気です

ご無沙汰しています。

もうすぐ術後4年経ちますが
私は、かわりありません。

その一言が入力できること、本当に嬉しいです。

タスオミンを毎日飲んで、
3か月に一度、お腹に注射。
この治療のため、生理は止まっています。

でも血液やエコーやレントゲンや、色々な数値には問題なし。

髪の毛も、随分伸びて。
カラーリングをして、ゆるく巻いて。

増えてしまった体重もウォーキングで落として、
昔の服もまた着られるようになりました。

術後3年の記事に書いたように
「生き直している」という感覚を強く持った1年間でした。
旅行、音楽、仕事、新しい友達。
映画にネイルに美術館、おいしいランチの食べ歩き。
トレンドの色を取り入れたワンピースに、ちょっとしたヒールを履いてももう脚はしびれない。
もう2度とないと思っていた、徹夜での夜遊びはなんだか感慨深くすらあって。
色々なことに心を開き、楽しいという気持ちをたくさん味わいました。
そうだった、私、こんなことが大好きだったんだ、と思う事の全て。

仕事は、思うところあり、やはりまだフルタイムには戻っていません。
体力は回復したけれど、この先いつまた治療生活が始まるのかわからない
その気持ちがどうしても消せないので、楽しむことを優先したくなりました。
今だからはっきり認められるのかもしれませんが
ステージ3に対抗するためのハードな抗がん剤治療は、私の心に傷を残しています。
具合の悪さ、容貌の変化、髪の毛の喪失。
私は情報も集めて、ひたすら前を向いて、勇敢だったと思います。でも、やっぱり大きな体験です。
病院での患者としての立場にいきなり放り込まれた形の体験も、衝撃的で、傷になっていると思います。

できればもう2度と。
でももし2度目があるならば、今思いっきり楽しんでおきたい。悔いを残したくない。
そんな気持ちがこの1年間の私の行動の裏に隠れていた気がします。

正直、時間がかかっていると思います。
でも、仕方がない。それが私だもの。

仕事に関しては、正直心が揺れることはもちろんあります。
今すぐフルタイムに戻った方がいいのかなと常に思っています。
40代になったらなかなか仕事は見つからないのではと不安にも思います。
元同期や同級生が責任ある仕事をこなしているのを風の噂で耳にすると、
いつまでも心の傷とか言ってのんびりしている自分が不甲斐なく感じることもあります。

でも。
なんだかあきらめたくないな、と思ったんです。
元の場所に戻っても、なんだか無理を重ねるばかりの自分が浮かぶなと思いました。
仕事の内容としては、今の方が楽しんでいる。自分に合っている気がするんです。
収入も立場も、くらべものにならないけれど。
だからここで、少し専門を深めよう、と考えるようになりました。

今月から、アルバイトと、学生をかけもちすることにしました。

また、新しいスタートです。

誰かに劣等感を感じることなく、自分らしい幸せを手に入れたい。
私は私で、幸せ、そう思えるような毎日を、今年も進んで行きたいと思っています。
[PR]
# by reeelax | 2013-04-09 12:36 | 病気のこと | Comments(13)

かわらずに

随分ご無沙汰していましたが
私の体調に特に変化はありません。

ステージIIIからのスタートだったけれど
術後3年の検査はパス。
毎日のタスオミンは1錠ずつ。
そして3か月に1度のリュープリン。
傷口の痛みなども軽減して、ソフトブラと並行しながら、
ワイヤー入りのブラジャーも使い出した。

ここ半年くらいで、体力がぐんと戻って来たことを感じている。
抗がん剤が体から全部抜けたのかなあ、とか細胞が生まれ変わったのかな?など感じるくらい。
長時間立って移動もある程度大丈夫になり、
大きな音も聴けるようになりました。
先日はオールスタンディングのライブまで見に行った程。

抗がん剤の副作用だと思うのですが、治療中の私は大きな音を聴くと鼓膜がつらく、
低いボリュームでクラシックかボッサを聴いていて。
でももともとはダンスミュージックなども、元気が出るので好きだったのです。
先日ふとした時にクラブイベントのようなものに参加したら
思いのほか心地よく、鼓膜も大丈夫。そのことではっとして、
以前に好きだった音楽を聴き直すようになりました。

そういうことひとつでも、今は、生き直しているような感覚があります。

洋服も、手術直後は手がうまく使えなかったり、
ホルモン療法のせいなのか、家でじっとしていたからか
随分体重が増えてしまい、昔の服は着られなくなっていた。

それを今、少しずつもとに戻そうと努力しています。
朝、少しのヨガとウォーキング。湯船でしっかり汗をかいて。

そうやって生き直そうとしている自分がいる。

まだまだ、疲れやすいし、できないこともたくさんあるけれど、
新しい世界に飛び込んで行くことで
病気以後にできた新しい友人などと
気楽な時間を楽しんでいます。

再発への警戒は、まだ解いていません。
その分、刹那的かもしれないけれど、
目の前の楽しいことを精いっぱい楽しんでみて、
人生を味わいたいと思っているのです。
[PR]
# by reeelax | 2012-07-07 23:29 | 病気のこと | Comments(1)

お昼

色々と、考えながらも
気分転換も大事だと思うようになっていて
ちょっとした移動時間にも面倒くさがらずに、音楽を聞いてみたり
短くてもいいから、文章を読む時間を取ったりして
すうっと心が落ち着く瞬間を感じると
よかったと思う。
やっぱり、リュープリンのせいなのか、気温の変化があるこの頃は
体温調節が全然うまく行かなくて
ちょっと体調がすぐれない。
だから余計に、気持ちの余裕だけでも持っていなくちゃと思う。



仕事にお弁当を持っていく習慣は続いていて
自分でも意外だったけれど
このまま行けそうな感じがしたのと
お昼は大事な気分転換の時間だからと
思い切って塗りのお弁当箱を買った。
深い赤のつやつやの、小判型のお弁当箱は
見ているだけで心をなごませてくれる。
簡単なおかずとふりかけごはんも、不思議とちょっといいものに見せてくれて
毎朝少しだけ自分が誇らしくなる。
職場に向かうモチベーションも随分違うことに気付いて
単純だなーと可笑しくなる。

お弁当をつつむハンカチは
以前、髪の毛が抜けたときにたくさん買ったバンダナの余りを使っている。
治療中は、結局お気に入りの何枚かができてしまって
残りは引き出しの奥にしまい込まれていた。

このハンカチを買ったときには、
こんなにのんびりとお弁当を食べている日が来るなんて想像できなかった。
どんなに前が見えないと思っていても、今ここに自分がいることを
しっかり感じて、今日を生きよう。

昨日観たドラマで、人生時計という言葉を久しぶりに聞いた。
人生を一日にたとえて、年齢を3で割ると、今自分は何時ごろなのかわかる。
今の私の年齢だと、人生時計は12時ちょっと過ぎ。
それはお弁当の時間。
午前と午後の合間の、休み時間。
自分で作った分だけひいきめに、おいしい、と思いながら
玉子焼きを頬張ったりして。
周りのことはちょっと忘れてもいい。

これから、お弁当の蓋を開ける度、思い出そう。
焦らなくて大丈夫。
私の人生も、まだお弁当の時間なのだから。
[PR]
# by reeelax | 2011-10-25 13:00 | 覚えておきたいこと | Comments(10)

34歳 シングル 始まりは乳がんstageⅢC。術前化学療法・部分切除・放射線治療・術後ハーセプチンまで終了。現在ホルモン療法中。自分の心と体を大事な友人のように扱いながら治療の日々を過ごしてきました。


by reeelax
プロフィールを見る
画像一覧