術後2年検診

術後2年検診がやってきた。
ひとつの区切りと思って目指して来た場所。

メニューは
骨シンチ/マンモ/レントゲン/エコー/採血

骨シンチの検査を受ける場所は、大きく放射能の表示がついているドアを抜けた向こうだ。
一体何度、こういう検査を受けたことやらと思うと不思議な気持ちになった。

マンモは、前回術側には少し痛みがあったので
今回とても緊張していたが、
予想に反してそこまでの痛みはなく
スムーズに進んだ。

今回意外と苦戦したのは採血だった。
新しい看護師さんは血管を捜している内にギブアップ
ベテランの看護師さんも苦戦。
そのうち気分まで悪くなってきて、ベッドに横になりながら何度かトライしてもらった。
結局手の甲から採血をすることになったけれども
予定していた量の血が取れなかった。
採血やりなおしかとがっかりしていたところ
看護師さんが分析担当の方と確認を取りに行ってくれ、現状の量でOKとのことだった。

この2年間、自分に負担を与えないように
休むことと楽しいことをして過ごして来たと思う。
でも、自分ではコントロールできない病気だということは片時も忘れられずに過ごして来た。

これでよかったと思う。
明るい朝日が差し込んでいる病院、私はここの広いロビーが結構好みだ。
いつも光を感じさせてくれるから。
今まで、目の前だけを見て、感謝して
あまり遠くの未来にはあまり希望を持たないようにと
じいっと過ごして来た。
でも、手術からもうすぐ2年が経つ。
私にはとても長い時間が経ったように思えて
ちょっとぽかんとしたような気持ちだ。

ホットフラッシュ以外、私の体にはほとんど不調がない。
術側の不都合なく動くし、傷跡も薄い。
わきの下のリンパをとった傷は、しわと同化してしまった。
エコーをしてくれた女性の技師さんが、わきの下の傷に気付かず
「リンパは切除していないんですね」と言われた程だ。
私が訂正するとあわててカルテを見直すくらい。
放射線の後も残らず、以前の肌が戻っている。
手触りに多少の固さが残っているけどむくみも取れた。
新しい髪の毛も、風になびくほどになった。

心も、随分回復した。心が、二本足でちゃんと立てている気がする。



どんな結果が出るとしても、受け止められるようにと
自分の心をなだめながら過ごしている。
[PR]
# by reeelax | 2011-04-27 09:24 | 術後検査のこと | Comments(6)

対等であること

災害のことがあったり、大切な病友を送ることになったりして
ちょっと下向きになっていました。
たくさんの情報が溢れ、色々な考え方を見て
私はどんな言葉を発すればよいのか分からなくなっていました。


それでもそんな情報の濁流が落ち着いてなお
上澄みのように
私の考えがたどり着くのは生き方のことです。

人は、各自自分のストーリーしか生きられないということです。
同じだけの情報があって、基準が与えられたとしても、
情報の役割とはそこまでなんだと思います。

ひとりひとりが背負っている事情が違えば、選択肢は変わってくるし
誰もが自分のストーリーを全部公開する必要がないと考えていると思うので
何が一番幸せなのかというのは、結局当人しか判断ができないということです。
だから他人がその領域に近づく時には
対等な関係性を保って接していくことが大事なんだろうと私は考えています。
知識の量、情報の質、置かれている立場が異なったとしても
人と人のスタンスは、それぞれの命の重さにおいて、対等なんじゃないかと思います。


私は学生時代に尊厳死や生命倫理を扱ったゼミを取ったことがあり
未熟ながらも数年単位でそのことについて考える機会がありました。
また、父ががんで闘病をし、残念な治療結果の後亡くなるまでを見届ける機会があり
さらに自分が30代の前半で乳がんの治療をフルコースで受けるという体験をして、
防ぎようのない、時には選択の余地のない環境にありながらも
過ごし方を探る中で、生き方とは本当に人それぞれなのだと思いました。
お互いを思いやるのは大事だけれど
生き方の選択は、助け合って行う性質のものではないのではないかと
私は自分の経験を通して考えるようになりました。あくまで私の考えです。


ですから、他の多くの人と同じ行動をしていれば安心だという
「集団同調性バイアス」と呼ばれる心理状態に陥ることには
特に気をつけるようにしていたと思います。私は自分で生き方を決めて行きたかったからです。


話が支離滅裂になってしまいましたが、
何でこんなことを書いているかというと
災害の被害を受けている方々に対し
「善意」という言葉を振りかざしていれば、
何でもコントロールできると勘違いしている人の発言を
ネットで拾ってしまったりして、ああ、人の領域を侵害しているなあと残念に思ったからです。

被害を受けた方はとても困っているし疲れているし、大変な状態にあるけれども
同じ人間です。
だから、施しを行う側と受ける側みたいなそういうスタンスの取り方は間違いだと思う。

対等性を崩さない関係の築き方はとても大事なんだと思います。
私の自治体にも、被害に合われた地域から移って来た方々がいます。
家族を失くされたこと、持ち物を全てなくしたこと、土地さえ水の下にという
想像を絶する体験をされた方たち。
後悔がないわけがない。自分を責めていないわけがない。怒りがないわけない。
溢れてきそうな気持ちをじっとせき止めているので精一杯のはず。
それでも今日という日を過ごして行くしか選択肢がないのです。

そんな方たちに対して
同じ情報を届けるにしても、もっとやり方があるだろうに。
余裕のある側が、自分の感情をそのままぶつけてどうする。
自分のエゴを満たしているだけです。
そこからは何も生まれません。私ならもっと別のやり方を考えます。
相手のことを思うからこそ、そっと届くように気をつけます。

命の重さは対等だし、
自分の目の前にいる相手がどんなストーリーを背負っているのかなんて
実際は全てはわからないのです。結局。
だからこそ、精一杯対等に、思いやりを持って接したい。
そういう謙虚さをもって、人との関係を築いて行きたいと思ってます。

今私はそんなことを考えています。
[PR]
# by reeelax | 2011-04-17 21:31 | 日々のこと | Comments(4)

災害時のメンタルケア

【すべての方へ】災害時のメンタルケア(追記あり)
ブログ「水の反映」より
トラウマ療法であるソマティック・エクスペリエンス®(SE)の療法家(米国在住)から届いたサポートメールをSEプラクティショナーであり臨床心理士の藤原千枝子とSEトレーニーであり臨床心理士である牧野有可里氏がまとめたもの。


大切なあなたへ、大切なメッセージ【震災後の心理的被害を防ぐために】
NPOしごとのみらいのHP

***

私は、身内が軽度ながら被災したこともあり心配だったこと、
アルバイトも学校も休みになったので
PCやテレビから情報をめいっぱい取り込んでしまっていた。

ショッキングなマスメディアの報道と、ネットでリアルタイムでアクセスできる膨大な情報に
気づくと心が不安定になっていた。
脈拍が上がり、寝付けない。

ちょっと、落ちているかも。
何となく、危険を感じたので、我慢せずにワイパックスを服用し、
テレビを消した。

上記のリンクを見つけたので、落ち着いて読んでみた。

こんな時「自分ができないこと」を挙げて、ともすれば自分を責めたくなる。
募金ひとつにしたって、「仕事をしていればもっと多額の募金をできたのに」って。
でも
今、被災地でがんばっている方を心から応援しながら
自分の今日があることに「ありがとう」と思うことが大事
という記述を見て、
それは私がずっとやってきたことではないだろうか、とはっとした。

病気になったばかりのパニック状態の時、
PCの検索は、時間を決めてやっていた。特に夜は検索を止めて、ゆっくり好きなことをやっていた。
仕事も失って悲しかったけれど、
毎日朝がくることに心から感謝できるようになった。

そう。強くいなくてもいいから、弱音を吐いてもいいいから
毎日を淡々と受け止め、過ごすこと。
実はそれはとても難しいことなのは、経験上分かっている。
でも私は努力して、それができるようになってるはずでは。

節電のためにいつもより小さなボリュームで鳥の声などの環境音楽を流して
250円で黄色いライラックと、すみれ色の小さな花を何本かを買ってきて、いけた。

私は、体も心もまだ不安定。それを忘れちゃいけない。
だから私は私でここにいる。
良質の情報を選び取る能力を磨いて、
家族が安全でいられるようなことを教えてあげよう。

今回の復興には長い時間がかかるといわれている。
だから私にも何かできる時がかならず来るはず。
そのためには、その時まで淡々と立っていなくては。
[PR]
# by reeelax | 2011-03-16 17:38 | 覚えておきたいこと | Comments(6)

抗がん剤治療中の方に水が届きますように

この度の地震で被災された方に心からお見舞い申し上げます。
ご自宅で抗がん剤治療中の方、手術直後の方で避難をされた方、本当にお疲れ様でした。
とても怖かったのではないかと思います。
ご家族の安否や、寒さ厳しい不自由な環境で心も体も落ち着かないと思います。

少しでもたくさんお水が手に入り、
抗がん剤を体の外へ出せますように。

少しでも暖かい毛布が手に入り
悲しみをこらえて
体を横たえることができますように。

深呼吸をする、少しのエネルギーが生まれますように。

心からお祈りしています。

関東地方の私は揺れを経験しただけで済んだのですが
身内が避難所へ行くような状況になり
とても心配していました。
ですから当事者の方の心を思うと苦しくなります。

ネットなどで行きかう情報として
今できることは節電と募金ということでした。
本当に心が痛みます。
私は、たいした収入がない身ですが
yahooポイントや、楽天ポイントなどから寄付を始めました。
アルバイト代が入れば、
信頼できる団体に寄付をするつもりです。
今の自分にはできることが何もないような気持ちになりますが
そうではなく、何か自分にもできるはずと考えています。

病気が分かった時
治療に立ち向かおうと決めた強さが
少しでも残っていて
支えになってくれていますように。
[PR]
# by reeelax | 2011-03-16 16:22 | Comments(0)

以前の職場からの誘い

以前に勤務していた会社から、思いがけなくも連絡が来た。

また戻って来て働かないかという内容だった。

ただ、あまりにシンプルすぎるそのメールに少し警戒しそれとなく探りを入れてみると
やはりそれは正社員のオファーではなく、
アルバイトのような形で、単発のプロジェクトに参加して欲しいという依頼だった。
今、やっている事とかけもちしてはどうかということだった。

やっぱりね・・・という何か寂しいような気持ちもあったけれど
今の自分にはそういう戻り方が一番いいような気もしていた。
プロジェクトの内容も、自分の職歴が生かせる、やりがいありそうなものなので興味を持ったのは確かだ。
会社だって、様子見半分心配半分で、こういった形で声をかけてくれたのかもしれない。
以前の仕事に戻れる足がかりになるとすれば、
お金の心配を軽くすることもできるし、
いわゆる「以前の自分」に戻ることもできるかもしれないという思いがかすめた。
しばらく悩んで迷って、
信頼できる人にも相談をした。

結論として、丁重にお断りをした。

始めに思ったのは、
私が働いていたのは、とても小さな職場なので
病欠をしていた私が戻って行くとすれば、
かえってそのブランクが自分へのプレッシャーになると思ったからだ。

私は、考え方も、行動も、随分変わってしまった。
より自分を大切にする方向に変わった。

以前の自分を知っている人の輪の中に入れば
変わった部分が目立つし
変わってないように見せかけることはもうしたくなかった。

そして、次に気づいたことは
確かに仕事にはやりがいも感じていたけれど
結果的に体に負担を与えていたかもしれない職場のありよう。
週末はくたくたになっていて、目覚めれば午後だった。
おそらく基本的には変わってないはずだ。
激務に揉まれるストレスと、今、不安を持ちながらも日々を丁寧に過ごしていることの充実感
それを天秤にかけた。

以前ならば、迷ったことはとりあえず流れにのって
エイっと試して来た。
でも、今回は、迷ったから、今の状態を大事にする方を選んだ。
不安はあるけれど、興味のあることを勉強していて
新しい業界にチャレンジしようと思っている自分を大事にしたくて
家族に甘えることにした。

ここまで考えが行き着くまで、ずっとこのことばかり考えていた。
もしかしたらこれってただのつまらないプライドなのかもしれないと思ったからだ。
正直に言ってしまえば、私が一番怖いなと思うのは人の目だった。
一緒に働いていた年下の同僚の目。
私を新卒の時から知っている先輩の目。
ごく近い人はいい。信頼しているから。
でも、やはり職場はサバイバルだと思っている人はたくさんいる。
かつてのライバルのような人だって、健在なのだ。
職場だけでなく、業界内のつながりも深い仕事なので
話の種になるのが怖かった。

見た目の変わっていない私を見て
「治ってよかったね」という言葉を前提に
無邪気に「何の病気だったの?」と聞いてくる人もいるだろう。

でも私は多分言わない。
「乳がんだったんだ。でも今は平気なの」
とはきっと言わないだろう。私はまだ治療中なんだし。
変な微笑をして、お茶を濁そうと必死で、でも黙っているのは心地悪い。
職場だけではなく、取引先ともそういう話になった時困る。

なんだか、そういうのはわずらわしいと思った。
それと引き換えに得られるのは何だ?たかが数ヶ月分の部屋代だろう。
自分が望めばの話だけど、その先正社員への復帰の道を切り開いていくことも
できるのかもしれないなどと、心はぶれにぶれたけれど。
「たかが」と思うそれは、本当に自分の価値観なのか、変なプライドなのか、
見極めるのに時間がかかってしまった。

これは私の選択だし、一般的な話で言えば、元の職場に戻るのが
復帰への早道だと言われているはず。
でも今、とてもすっきりしている自分がいる。
どうしても、新しい分野への再出発をしてみたい自分が脈打っている。

仕事は大変だ。どんな場所にいても、お金をいただくということの責任は重大だから。
だったらせめて、偏見やプレッシャーからは少しだけ自由な環境で
再出発をしたいと、今は思っている。
[PR]
# by reeelax | 2011-03-09 10:52 | 治療後①アルバイト | Comments(4)

34歳 シングル 始まりは乳がんstageⅢC。術前化学療法・部分切除・放射線治療・術後ハーセプチンまで終了。現在ホルモン療法中。自分の心と体を大事な友人のように扱いながら治療の日々を過ごしてきました。


by reeelax
プロフィールを見る
画像一覧