<   2017年 06月 ( 1 )   > この月の画像一覧

術後8年 やっと本当に元気かも

術後8年が経過しました。
抗がん剤からは9年です。
今年も、定期検診の超音波と血液検査は問題ありませんでした。
ほっとしました。

告知から、とても長い時間が経ちました。

今、私の体は本当に具合が良いです。
ステージIIIからの抗がん剤治療、手術、放射線、ハーセプチンという数年間は
(ホルモン錠剤服用は今も続いていますが)
がんという病気を私から遠ざけてくれました。
そして、その代償として、体力と気力も相当奪っていったことに
今更ながら
改めて
気付きました。
毎年、術後〇年の定期検診の結果をブログにアップするごとに
元気になってきた
体調が回復してきた
と書き込んできましたが
今年初めて「私は本当に元気だ、体力が回復した。気力も充実している」と言い切れます。
それくらい、体を動かすのが軽やかだと感じます。
逆に言えば、ここ数年、そういう感覚を味わったことはなかったことに
軽い驚きを感じています。

今では、日常的にジムに通って汗を流したり、疲れた時はとにかく横になったりして
体とうまく付き合うことを意識しています。

精神面も、人との比較で落ち込むことはだいぶ減って、
時間はかかったけれど、望む方向で徐々に仕事量も増やせていることに小さな安心を感じています。
今まではとにかく目の前の仕事をこなすこと、職場で病気のことがばれないようにすることが優先事項でしたが、
最近では、もうすこし自分の希望に叶う仕事に挑戦できるようになりました。
病気の後に就いてきた仕事(といってもアルバイトですが)の実績が多少なりとも評価されはじめているようで
この先は、こういう風な職種を目指そう…などと初めて希望を抱くようにもなっています。

今年は、自分にとっては前進のタイミングのように感じています。
長い治療期間中に、少し自信を失ってしまいましたが
自分が望むチャンスがくれば、しっかり波に乗りたい。
小さいけれど攻めの気持ちが生まれたことが嬉しいです。








[PR]
by reeelax | 2017-06-15 00:40 | 日々のこと | Comments(1)

34歳 シングル 始まりは乳がんstageⅢC。術前化学療法・部分切除・放射線治療・術後ハーセプチンまで終了。現在ホルモン療法中。自分の心と体を大事な友人のように扱いながら治療の日々を過ごしてきました。


by reeelax
プロフィールを見る
画像一覧