<   2016年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧

買い物に行った時のこと

週末に買い物に行った。

大きなショッピングセンターで食事に入ろうとしたら、
小さな女の子が私の横を通り過ぎて行った。
泣いている。
涙をぬぐいながら向こうへ行ってしまった。
気になって見ていると、突き当りでくるりと振り返ってまた歩いてくる。
真っ赤な顔からは涙がポロポロと。
手で涙を拭いながら、パパー、パパーと泣いている。

辺りを見回したけれど、父親らしき人はいないし、
週末の人混みの中、みんなその子に気づかない。
どうしようと思っている内に、その子は私のすぐ近くまで戻って来た。
あんな小さい子ひとりで、こんなにたくさんの人の中、怖いだろうな。
思わずしゃがんで、大丈夫?と聞いた。
すると一層大きな声でうわーーー、と泣いた。
パパがいないー、と。
反射的に、右手を伸ばした。すぐにつかまってくる、小さくて赤い手。
髪を長く伸ばした、小さな頭を撫でる。

迷子サービスまで連れていってあげようと思い、
まだ全力で泣いていたけど、少し話しかけてみる。
パパいなくなっちゃったんだ、こわかったね。
大丈夫大丈夫。パパ、きっといるよ。
お店の人に、探してもらおうね。

名前を教えてもらうと、
手を繋いだまま、一緒に歩き出した。
こんなに小さくて、柔らかいのか。
その感触に驚いた。
そして、熱い。

何だかとても愛しかった。

ああ、私は、自分の子供と、こういう風にすることはないんだな。
と思った。

前にも散々書いているけれど、子供を持つことに関して真剣に考える前に病気になってしまったので、
夢が奪われたような悲しみはない。
でも、選択肢がもうないんだ、ということを静かに悟っていくというステージは
やはり荒涼としたものだ。

私は、私の子供に会いたかったのかな?
そこまではっきりとは思っていない。
ただどうしても、周りが家族を持ち、子供を育てているのを見るにつけ
自分の体温が少し低くなるような感覚がある。

このステージは、淡々と、通り抜けたい。

ネット経由で見られるのは、親となった知り合いの姿だけではない。
既婚未婚にかかわらず、色々な理由で子供を持たない先輩たちもけっこういる。
直接、こういうことは話さないけれど
そういう生き方を参考にさせてもらおう。

後付けの被害妄想は、自分には必要ないから、
今日はそのことを、自分に言い聞かせようと思う。



















[PR]
by reeelax | 2016-09-30 03:12 | 覚えておきたいこと

術後7年 元気です

お久しぶりです。
抗がん剤スタートから8年、術後7年が経ちました。
今の所、再発もなく、元気です。

病院には継続して定期的に通っており、
1年に1度は超音波や血液検査をしてもらうという形です。
毎日タスオミンを服用していますが、最近は忘れがちなので、これは反省です。

また、不定期ですが相変わらず生理はあります。

ここ2、3年程、体の調子が本当に良くなったのを実感しています。
放射線直後は、体の中に熱がこもっているような感じがあり、夏は本当にだるかったです。
一部毛穴もふさがっていましたから、汗がうまくかけなかったのでしょうか。
また、ホットフラッシュもほとんどなくなり、薬の効果としては分かりませんが体の感覚としては楽です。
抗がん剤は心臓や腎臓、肝臓にもダメージを与えましたが、漠然としただる主な感じが抜けてきて、気力や集中力が保てるようになりました。
脇の下のリンパを取った右腕も、重いものはまだ持ちませんが、洗濯物を干すときのだるさや、着替えの時の不自由さはほとんど感じません。

これは、有り難いことにずっと回復の日々を送ってこられたこともそうですし、
昨年からスポーツジムにも通い始めたからかもしれません。

私はがんの告知を受けたのが、まさに2回前のオリンピック、北京オリンピックの開幕時だったのですが、今年、リオオリンピックを見ることができてとても感慨深かったです。

乳がんは長くつきあう病だということは先生にも言われましたし、情報としても知っていたつもりでした。でも告知を受けた時はステージも進んでいましたし、度重なる治療の末亡くなった父の姿がフラッシュバックして、とても前向きに考える余裕はありませんでした。きらびやかな開会式をひとりの部屋で見ながら、もうオリンピックを見ることもないのかなあと放心していました。

事実、同じステージIIIで知り合った病友さんたちの何人かとはお別れも経験していますので、今でも恐怖感はあります。だから治療がひと段落してもセールで来年の自分のために服を買う気にはなれなかったし、年金を払って何十年先の自分に備えたところで、存在していないかもしれないのに何の意味があるのかという気持ちでいました。

でも今年、またオリンピックを見ることができて、自分の中で少しだけですが、気長に行こうという気持ちが強まりました。メダリストたちにもいろいろな物語があり、その上で闘っていることを知ると、私は私でつらい気持ちを持ちながらも、前を向かなくてはいけないと奮い立つような気持ちになりました。

そう、つらい気持ちは持っていてもいい、けれども同時に少し先の未来の自分のためにも、できることは努力しよう、という気持ちが生まれました。

実は前回、術後6年のブログをアップした時くらいから、私は新たなしんどさと向き合ってきました。

体の調子が良くなり、仕事もそこそこちゃんとやり、髪も伸び、やせた自分。何となく、昔の自分に戻れたような気すらして、治療に入ってから連絡を絶っていた人たちとも久しぶりに会うようにもなりました。皆が私のことを心配してくれていたことはとても嬉しかったけれど、同時にやっぱり人生のブランクを感じざるを得ませんでした。

社会的に成功している友達、立派に子育てしている先輩。とてもまぶしく見えました。
これだけ長い時間をかけて、自分の生き方に納得していたつもりでも、私は何かを失ってしまった、と感じてしまう自分が情けなかった。いろんな気持ちでざわざわとして、何度も泣きました。

でも同時にこう考えていました。社会に戻って行くということは、資本主義の社会の中で生きていくことだし、社会の中で居場所を見つけることでもあります。だから理由はどうあれ、治療という形で一旦その枠組みを離れたのだから、喪失感があっても当然だと。

努力を続けて、華やかなキャリアを進み続けている友人はうらやましい。かわいい子供と一緒に写真を撮っている先輩もうらやましい。何となく、そういう人生を歩むものだと思っていたから、心の底にすりこみがあるのです。治療生活から離れて、社会に戻ってみて、さらに昔の自分とつながっていた人たちの姿を見ると、まるで夢から覚めたようにあっけなく、昔の価値観に引き戻されてしまう自分がいました。あんなにつらい治療を乗り越えて今ここに立っているのに、そのことを誇らしく思えないなんて、自分はほんとうにばかだなあと思ったし、とても恰好悪いですが、なんで私が・・・という気持ちが未だに消せないんだな、子供だ、とあきれもしました。

そして急いで思い出しました。治療前と同じ仕事に、同じペースで戻っていいのか、というのは本当に飽きるほど考えたけれど、今の自分には難しいし、せっかくだから他のことに挑戦してみようという結論を出したのだったと。

私は、出世レースにはもう戻らない。子供も産めないから、子供なしの人生を進むことをシンプルに考えれば良い。いつも何とかここまで思考をひっぱって、落ち着こうとしています。

まったくまとまりがないですね。
でも、一気に書いてすっきりしました。
書いている間、涙がずっと流れていました。
でも普段我慢しているから、いいですよね。
[PR]
by reeelax | 2016-09-16 16:52 | 術後治療

34歳 シングル 始まりは乳がんstageⅢC。術前化学療法・部分切除・放射線治療・術後ハーセプチンまで終了。現在ホルモン療法中。自分の心と体を大事な友人のように扱いながら治療の日々を過ごしてきました。


by reeelax
プロフィールを見る
画像一覧