<   2014年 07月 ( 1 )   > この月の画像一覧

ついに術後5年 元気です

ご無沙汰しております。

今年も術後検査を行いました。
と言っても超音波と血液検査のみですが、問題なしということでした。

お腹への注射は特に大きな所定の回数を無事に終え、
現在はタスオミンのみを服用しているだけの毎日なので
達成感のようなものはあまりなく
何か脱力感にも似た軽い安堵を覚えました。

タスオミンは結局術後7年飲んだ方が良いというデータがあるということで
先生と相談して、やはりあと2年飲むことに決めました。
また、生理も結局戻っていません。
病気のことを考えたらどちらも悪い事ではないでしょう。
ただ、このことが、やはり自分の気持ちに影響をしているのだと思います。

人間の気持ちと言うのは、すぐ贅沢に慣れてしまうものなんだなあと
苦笑してしまいます。
体力も、見た目も、治療前とほぼ変わらないくらいに回復して
自分のしたいことが何でもできる状態に戻ってしまうと
マイナスの部分をクローズアップして、残念に思ってしまう。

今、自分がここにいること自体が、本当にありがたいことのはずだったのに。
心のバランスがこの1年で変わって来ていることにあらためて気づきます。

でも、もしかしたらそれが生きて時間を重ねるということなのかもしれませんね。

具体的な体の状態としては、
まず胸の傷とわきの下のリンパを取った傷ですが、これははじめからほぼ目立たず
温泉にもプールにも行っています。
放射線をあてた皮膚ですが、外見上は何も変わったところがありません。
温存手術をした乳房ですが、よくよく見れば自分では、術側の右が多少小さいかなと思いますが
元々左側は心臓のせいで大きいと聞いたことがありますし
ブラのカップも同じです。
右腕のむくみについては、とくに大きな違和感などはなかったので、
術後4年を過ぎたころから右手でも荷物を持ったりするようになっていました。
しかし今年の5月から6月にかけて、スマホやPCのやりすぎなのかむくみとだるさと痛みを感じたため
慌ててリンパドレナージュを復活させ、右手では重い物は持たない方向で生活しています。

体調はそんなところです。

目標としていた術後5年が過ぎたこと、あまり実感がありません。
これからも自分らしくいられたらという気持ちでいっぱいです。
幸せって、なんでしょうね。
この病気との出会いで、自分が幸せの基準として置いていたものが崩れてしまって、
新しく立て直すのは簡単ではないなとも思いますが、
いつか自信を持って、自分の人生幸せだった!と言い切れるように
時間を使って行きたいですね。

最近私が感じていることなど、もう少し書けたらと思いますが
一旦ここまでで記録として残しておきたいと思います。
[PR]
by reeelax | 2014-07-10 11:40 | 病気のこと | Comments(2)

34歳 シングル 始まりは乳がんstageⅢC。術前化学療法・部分切除・放射線治療・術後ハーセプチンまで終了。現在ホルモン療法中。自分の心と体を大事な友人のように扱いながら治療の日々を過ごしてきました。


by reeelax
プロフィールを見る
画像一覧