<   2013年 04月 ( 1 )   > この月の画像一覧

術後もうすぐ4年、元気です

ご無沙汰しています。

もうすぐ術後4年経ちますが
私は、かわりありません。

その一言が入力できること、本当に嬉しいです。

タスオミンを毎日飲んで、
3か月に一度、お腹に注射。
この治療のため、生理は止まっています。

でも血液やエコーやレントゲンや、色々な数値には問題なし。

髪の毛も、随分伸びて。
カラーリングをして、ゆるく巻いて。

増えてしまった体重もウォーキングで落として、
昔の服もまた着られるようになりました。

術後3年の記事に書いたように
「生き直している」という感覚を強く持った1年間でした。
旅行、音楽、仕事、新しい友達。
映画にネイルに美術館、おいしいランチの食べ歩き。
トレンドの色を取り入れたワンピースに、ちょっとしたヒールを履いてももう脚はしびれない。
もう2度とないと思っていた、徹夜での夜遊びはなんだか感慨深くすらあって。
色々なことに心を開き、楽しいという気持ちをたくさん味わいました。
そうだった、私、こんなことが大好きだったんだ、と思う事の全て。

仕事は、思うところあり、やはりまだフルタイムには戻っていません。
体力は回復したけれど、この先いつまた治療生活が始まるのかわからない
その気持ちがどうしても消せないので、楽しむことを優先したくなりました。
今だからはっきり認められるのかもしれませんが
ステージ3に対抗するためのハードな抗がん剤治療は、私の心に傷を残しています。
具合の悪さ、容貌の変化、髪の毛の喪失。
私は情報も集めて、ひたすら前を向いて、勇敢だったと思います。でも、やっぱり大きな体験です。
病院での患者としての立場にいきなり放り込まれた形の体験も、衝撃的で、傷になっていると思います。

できればもう2度と。
でももし2度目があるならば、今思いっきり楽しんでおきたい。悔いを残したくない。
そんな気持ちがこの1年間の私の行動の裏に隠れていた気がします。

正直、時間がかかっていると思います。
でも、仕方がない。それが私だもの。

仕事に関しては、正直心が揺れることはもちろんあります。
今すぐフルタイムに戻った方がいいのかなと常に思っています。
40代になったらなかなか仕事は見つからないのではと不安にも思います。
元同期や同級生が責任ある仕事をこなしているのを風の噂で耳にすると、
いつまでも心の傷とか言ってのんびりしている自分が不甲斐なく感じることもあります。

でも。
なんだかあきらめたくないな、と思ったんです。
元の場所に戻っても、なんだか無理を重ねるばかりの自分が浮かぶなと思いました。
仕事の内容としては、今の方が楽しんでいる。自分に合っている気がするんです。
収入も立場も、くらべものにならないけれど。
だからここで、少し専門を深めよう、と考えるようになりました。

今月から、アルバイトと、学生をかけもちすることにしました。

また、新しいスタートです。

誰かに劣等感を感じることなく、自分らしい幸せを手に入れたい。
私は私で、幸せ、そう思えるような毎日を、今年も進んで行きたいと思っています。
[PR]
by reeelax | 2013-04-09 12:36 | 病気のこと | Comments(13)

34歳 シングル 始まりは乳がんstageⅢC。術前化学療法・部分切除・放射線治療・術後ハーセプチンまで終了。現在ホルモン療法中。自分の心と体を大事な友人のように扱いながら治療の日々を過ごしてきました。


by reeelax
プロフィールを見る
画像一覧