<   2012年 07月 ( 1 )   > この月の画像一覧

かわらずに

随分ご無沙汰していましたが
私の体調に特に変化はありません。

ステージIIIからのスタートだったけれど
術後3年の検査はパス。
毎日のタスオミンは1錠ずつ。
そして3か月に1度のリュープリン。
傷口の痛みなども軽減して、ソフトブラと並行しながら、
ワイヤー入りのブラジャーも使い出した。

ここ半年くらいで、体力がぐんと戻って来たことを感じている。
抗がん剤が体から全部抜けたのかなあ、とか細胞が生まれ変わったのかな?など感じるくらい。
長時間立って移動もある程度大丈夫になり、
大きな音も聴けるようになりました。
先日はオールスタンディングのライブまで見に行った程。

抗がん剤の副作用だと思うのですが、治療中の私は大きな音を聴くと鼓膜がつらく、
低いボリュームでクラシックかボッサを聴いていて。
でももともとはダンスミュージックなども、元気が出るので好きだったのです。
先日ふとした時にクラブイベントのようなものに参加したら
思いのほか心地よく、鼓膜も大丈夫。そのことではっとして、
以前に好きだった音楽を聴き直すようになりました。

そういうことひとつでも、今は、生き直しているような感覚があります。

洋服も、手術直後は手がうまく使えなかったり、
ホルモン療法のせいなのか、家でじっとしていたからか
随分体重が増えてしまい、昔の服は着られなくなっていた。

それを今、少しずつもとに戻そうと努力しています。
朝、少しのヨガとウォーキング。湯船でしっかり汗をかいて。

そうやって生き直そうとしている自分がいる。

まだまだ、疲れやすいし、できないこともたくさんあるけれど、
新しい世界に飛び込んで行くことで
病気以後にできた新しい友人などと
気楽な時間を楽しんでいます。

再発への警戒は、まだ解いていません。
その分、刹那的かもしれないけれど、
目の前の楽しいことを精いっぱい楽しんでみて、
人生を味わいたいと思っているのです。
[PR]
by reeelax | 2012-07-07 23:29 | 病気のこと

34歳 シングル 始まりは乳がんstageⅢC。術前化学療法・部分切除・放射線治療・術後ハーセプチンまで終了。現在ホルモン療法中。自分の心と体を大事な友人のように扱いながら治療の日々を過ごしてきました。


by reeelax
プロフィールを見る
画像一覧