<   2011年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧

回復した日々に

リュープリンが始まって、
ホットフラッシュが復活した。
少しうごくと汗だくである。


このところ、治療が少し落ち着いてきたこともあって
ブログを書く機会が減ってしまった。

その理由は、日々の生活がだんだん活発になってきたことが一番大きい。

その一方で、自分の心の中に、漠然とある思いのようなものがあったのだけれど
どのように書けばいいのかよくわからず、
ついためらってしまうようになった。
今までは、なんでもほぼ殴り書きに近い状態であったのに、
今回はほんとうに漠然とした思いだったため、
目先の楽しいことに集中してあまり思い悩まずにいたようだ。

私は乳がんの初期治療の中では割と長期に渡る治療を受けてきた。
結果は、有難いことに本当に良いもので、まだ治療は続いているけれど
日常生活に不自由はないし、胸の変形もなく、着るものも支障がない。
治療の間に、見送った病友は割といた。
ほぼ同じ時期に、似たような治療を受けてきた何人かは、もうこの世界にはいない。
だから私は、今自分がここにいることを、とても貴重なことだと思っている。

それでも、ふとした時に思うのである。
やっぱり、治療生活では自尊心みたいなものが犠牲になったなあと。
自分の命があることを大切に思っている、と書いたことと矛盾しているかもしれないけれど
病院で患者として過ごす中で、私は傷ついてきたなあと思う。
きっとうまく整理して書けないだろうけれど、今日はとにかくここに書いてみようと思う。

たとえばそっけなく扱われること、
ドクターやナースは、仕事上どうしても感情を抑え気味の対応になるから。
もちろん全員がそうではないけれども。
なんだか自分が悪いことをしているような、無愛想な対応などを受けたりしたこともあったし
そうすると、自分で好んでがんになったわけではないのにどうして、と傷ついた。

単に私の人生経験が足りないだけなのかもしれないけれど。
仲の良い友人、人間関係もそこそこよい職場で過ごして来て、
皆で雰囲気よく何かに取り組んで行くことを決まり事のように思って来た。
丁寧なサービスを受けると心があたたかくなるから、
小さくても、心のこもったサービスをしてくれる店や店員さんを探すのが好きだった。
そういう人たちと、慣れ合いではない、心地の良いコミュニケーションを取ることを大切に思ってきたから
病院内のそっけなさは、心の弱っていた私にはきつかったようだ。

それから、患者さん同士のちょっとしたこと。
やはり、患者会も症状が似ている人同志で仲良くなることが多かったりする。
場所によっては、症状が進んでいると、遠ざけられてしまうことがあったりした。
みな、怖いのかもしれないし、それは仕方がないのかもしれないけど
そういうことも、傷ついた。
もちろんそういう場所だけではなく、いろんなことを相談しあえる仲間もたくさんできたけれど。

以前の職場関係者とはあまり連絡を取っていないことは前にも書いた。
病名を言いたくない、かわいそうと思われたくない、死を連想されたくない、と思ったから
新しい場所でアルバイトを始めた。
でもそこでも「なぜ?」と聞かれれば、適当なことを言ってのらくらとかわしてきた。
かわしてきたけれど、ストレスがたまる。
病気をして、私はきつい治療を受けてきたんです。
やっと回復してきたけどアルバイトで短時間働くのがやっとなんですよ。
そんなこと言えば、噂になるし、今後の仕事に偏見も生まれるだろうから、黙っている。
本当のことを言っていないことへの罪悪感だって、普段は感じないように図太くいるつもりだけど
ゼロではないのだ。
病気以前の、自分の積み上げてきた実績に直接つながる仕事をなぜしないのか、
とアルバイト先の人もいぶかしんでいるけれど、そういうのを気付かぬふりをすることも、小さな痛みを感じる。

結局、集約されるのは、病気のことを受け入れてはいるけれど
社会生活を送ろうと思えば、病気のことを隠さざるを得ない状況があるし
隠していると、キャリアダウンして、一体何やってるの?という周囲の目にすごく影響されてしまう。

はじめの方で書いた自尊心が傷つく、とは少し離れてしまったかもしれないけれど
自分で自分の価値をなかなか認めにくい状況になっているのは確かなのだ。

変な話、経歴コンプレックスがある(と噂に聞く)社員さんのアシストにつくと
露骨に意地悪をされることもある。
今まで私がいた環境では、考えられないような幼稚な仕打ちである。
そういう時はとても傷つく。
もちろん、私もそこそこいい年、そんなことをいちいち構っていたら進まないので
淡々と仕事をし、周りの同じような目に合っている同僚や心配してくれる先輩には正直に話してしまう。
それで仕事はまわっている。
でも本当は傷ついて、怒りさえ感じてしまう。
相手に対してもそうだけど、そういう立場で自分が働いているということを、悔しく思ってしまう自分がいる。

病気になって、その間に色々考えて、変えて、
告知からおよそ3年たった今、
以前より楽しんで生活ができている。

だけれども、闘病の間のショックや心の痛み、自尊心がぎゅっと小さくなってしまったことは
まだ残っているとはっきりわかる。

考えすぎかもしれない。自意識過剰だと笑われるかもしれない。
病気であってもなくても、人生はいいことばかりではないのだから。
でも、今はまだ、心の中に、傷が残っている。
傷は外から癒えていくというのは、本当なのかもしれない。
[PR]
by reeelax | 2011-09-13 12:51 | 日々のこと

リュープリン開始

血液検査の結果、女性ホルモンの分泌が、閉経前の状態にまで上がっていることがわかった。

ということで、リュープリンの注射を開始することになった。
検査結果が出てすぐ、私は夏休みで旅行に出かけることになっていたので
旅行から帰ってから注射を受けることを許可してもらった。

3年前、抗がん剤を初めて投与するときと似ていた。
あの時は、もう旅行も最後かもしれないと思って、一番お気に入りの場所に行って来たのだった。
今回は、偶然だけれど二番目に好きな場所への旅行だった。
副作用など不安を感じたくなかったので、戻ってからという選択をした。

リュープリンは3か月に1回を2年間の予定。

最近、すっかり病気に関する勉強をさぼっているのであわてて検索。
http://www.gsic.jp/medicine/mc_01/leuplin/

脳下垂体に影響する薬。。。というので漠然とした、不安感があった。
それでも、治療は受けることに決めているから大したことはない。

結局、注射は20秒ほどで終わり、劇的な副作用もなく安心した。
注射後3日間くらいは注射されたおなかの皮膚の回りがいたく、ほんのり赤く熱を持った。
驚いたのは、2日後くらいからホットフラッシュが復活したこと。
気持ち的なものなのか、本当に薬が効き始めたのか
なんだか懐かしいホットフラッシュに、少し安心した。



今まで、術後約2年間は抗がん剤の影響もあってか
タスオミンだけで生理が止まっていた。
リュープリンをこれからはじめることで
この先2年間、生理を止める計画。
2年というある程度まとまった期間
再発を阻止する努力を続けられる、そのカードが残っていることに感謝しよう。

私の乳がんのタイプはトリプルポジティブなので
ホルモン感受性も、HER2も陽性。
はじめてそれを認識した当時は、病気のことをあまり理解できていなかったこともあってか
なんだか周りの乳がん患者さんよりも条件が良くないのではと思って
事実ステージ3Cで発見されたということも手伝って
膝から力が抜けて行くような絶望感で一杯だった。

それでも、病気について知識を得、いろいろな病状の病友を得、
それぞれの治療や、そして気持ちを知ることになると
私のように、手を変え品を変え治療を受けられるということも
そこまで悪いことだとは思わなくなってきた。
治療を受けることには苦痛も伴うし、もちろんお金もかかる。
それでもその代償に、ある程度の安心感を得ることもできるのは事実だ。

トリプルポジティブであったことは、自分の選択ではないにしろ
この先の2年という時間にある程度の前向きな気持ちを持って進めることを
大切に思いたい。

もうすぐ、夏が終わる。
瑞々しい梨をかみしめると、甘い香りとともに果汁がのどを降りて
体中にしみて行く。
自分の口の中から伝わる、ざくざくという音、
果肉の少しざらっとした舌触り
いつもいつも、私は生きている。

ぐっとくるこの気持ちを、私は忘れてはいけない。
[PR]
by reeelax | 2011-09-06 13:38 | 術後治療

34歳 シングル 始まりは乳がんstageⅢC。術前化学療法・部分切除・放射線治療・術後ハーセプチンまで終了。現在ホルモン療法中。自分の心と体を大事な友人のように扱いながら治療の日々を過ごしてきました。


by reeelax
プロフィールを見る
画像一覧