<   2011年 08月 ( 1 )   > この月の画像一覧

2度目の生理

主治医の診察を受け、ホルモン値をはかるために採血をした。

腫瘍マーカーも確認してくれるようだ。

結果は、よほど悪ければ病院から連絡が来るようだけれど
基本的には再度予約を取り、次回の診察で治療方針とともに聞くことになる。

それにしても、左腕のひじの内側の血管が
ほんとうに使えなくなってきたようだ。

もともと細くて、あまり表面に現れていないので
点滴の度にちょっと時間がかかったりしていたのだけれど
何度も針を刺して、固くなってしまったとかで
針が入らなかったり
入っても血が出てこなかったりで、ベテランの看護師さんでも難儀するようになってきて
結局今回も手の甲から採血した。

贅沢を言えば、本当は手の甲は避けたかった。
万が一青あざができてしまえば職場で聞かれるかもしれないから面倒だから。
それでもそこはベテラン、さくっと採血終了。
少しでも跡が残らないように、しばらく強めに抑えていた。
おかげで翌日には跡が残らず、よくよく目を凝らせば虫刺されの跡があるくらいの感じだった。

検査結果を待っている間
2度目の生理が来た。
けっこう規則的に来たので、ホルモン治療にお腹の注射追加、避けられないんだろうと思う。

それについては、もうあまり深く考えていない。

子供、いなくても別に生きて行ける。
お金の心配も減るし、放射能も心配だし、
何より強烈に生みたいなーというような気持ちがどこにもない。
治療の間、子供が産めなくなる、というカテゴライズになってしまうこと
選択肢がない、という状態には一抹のさみしさがある。

だけれど、私は今の穏やかな生活がずっと続いて行くなら
それは本当に幸せなことだと思っている。
タスオミンはあと3年ほど続けるので、お腹の注射もその間続く。
でも、以前ほど悔しさとかむなしさとかは感じない。
むしろ、安心感の方が強くなったかもしれない。

それは
抗がん剤と手術の後、がくんと落ちた体力と気力が
すこしずつすこしずつ、じりじりと盛り返してきて、
今の生活が色んな意味で小さく満ち足りているからだと思う。
たとえば点滅している信号を見て、
横断歩道を小走りに渡っている自分にはっと気が付いた時の
生きているんだ、という光のような衝動のようなものを
たくさん感じているからだと思う。

この満足感は、
治療中に自分に言い聞かせてきたような
とにかくわき目をふらず、見たいもの以外絶対に見ないというような感覚とは違って
闘病以前の生活の
いろいろなことが整理されて(あるものは強制的に、そしてあるものは意図的に)
自分的にちょうど良い状態で毎日を送れるようになったからだと思う。

もちろん今の状態は全然ゴールとかではないのだけれど、
この感じいいなあと思うことはけっこうあって

ラッシュアワーを避けられる勤務時間で残業もなく、
責任はほどほどな割に、そこそこ専門的な仕事内容で楽しく
病気以来なんだか億劫になってしまった、調整役交渉役はもうしなくてよいし
実はあこがれていた、手作りのお弁当を持っていける余裕ができた。

小さな職場で、物静かで趣味の似た同僚に恵まれ、ときどきおしゃべりしたりして
聞こえるか聞こえないかの低いボリュームで、好きなクラシックがかかっている。これは社長の趣味だ。
治療中にも、たくさん聞いたモーツァルトの曲などが流れていると
ぐっと胸があつくなったりする。

全てに対して、見栄を張ろうとか、少しでも良く見せて高みに昇らなくては
みたいな気持ちが薄くなったので
おしゃれも、身の丈にあった価格で気に入るものを見つけられるようになったし
(プレゼンや商談で信頼感を得るために相応の恰好をする、とかは必要なくなったわけなので)
仕事も、誠実にできる分をやるけれど
正社員ではないことを上手に使って、抱え込まなくなった。

そしてこの際、ということで苦手気味な知人とは連絡をあまり取らなくなったし、
会いたくない人からのアポは丁重にお断り。自分の人生だもの。
そうすると、自分が本当に行きたい予定+休みの時間が生まれて、これもいい。

治療の間に、お金を使わなくてもそこそこ楽しい日常の過ごし方が上手になったから
今があるのかもしれないけれど
心がとても穏やかなのだ。
図書館の近所の部屋を選んだことも大きくて
さらに職場が好きな街にあったこともラッキーだった。

なんだか、今のことしか考えずに、のんびり生きるようになったから
今はそれでいいやと思っている。
それがずっと続くように、治療は受け続けるつもり。
体が治療を受け入れているかぎり、治療法があるかぎり
そうしていくと思う。
私は私の命を大事に思って、幸運に感謝しながら
今日を楽しむ方向でいければなと思っている。
[PR]
by reeelax | 2011-08-02 10:49 | 治療後②アルバイト

34歳 シングル 始まりは乳がんstageⅢC。術前化学療法・部分切除・放射線治療・術後ハーセプチンまで終了。現在ホルモン療法中。自分の心と体を大事な友人のように扱いながら治療の日々を過ごしてきました。


by reeelax
プロフィールを見る
画像一覧