<   2010年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

ホットフラッシュの冬

ここ数日でぐっと冷え込んで来た。

体温調節がうまく行かない体で迎える冬。

ホルモン剤(タスオミン)を飲んで1年半程経っている今、
関節痛などは大分ないのだけれど
とにかく体温調節がうまく出来なくなっている。

ホットフラッシュと、その逆の、コールドフラッシュとでも呼ぼうか
この規模がだんだん大きくなってきて、間隔が狭まっている。

痛みや吐き気があるわけではないから、本当にありがたいことなのだけれど
家の外に出れば、特に病気のことを黙っている職場では「何事もなかったような顔」でいないといけないから
そういう時はこのホット&コールドフラッシュはかなりしんどい。
体力が奪われてしまうのだ。

病気前は冷え性で、ホッカイロを腰につけて毎日過ごしていたり
タートルネックで少しでもあたたかくと気をつけていた。
昨年、ホットフラッシュと共に術後1年目の冬を過ごして、冬服のラインナップも少し変わった。

タートルネックはなしで、首が寒ければ巻物を用意しておいて、
コットンのインナーにカーディガンなどのはおりもの。
とにかく脱ぎ着ができるようにすることで、随分過ごしやすい。

服の脱ぎ着は、本当に侮れなくて
せわしなくても、こまめにすることで、私は随分救われている。
暖房中の地下鉄は、帰宅ラッシュで混んでいても、急いでいても
必ず一枚脱いでバッグに入れてしまう。

それから、化学療法を経たせいなのか分からないけれども
肌が敏感になっていて、乾燥や汗で肌が痒くなったり、発疹が出やすい。
だから肌に付くところはなるべくコットンやシルクを選ぶようにして、
化学繊維は避けてみる。


体からのサインは、もう見逃さない。
完璧にはできなくても、私の体は私の人生。
ホットフラッシュとコールドフラッシュがあることで、私は立ち止まることができる。
ゆっくりゆっくり。
[PR]
by reeelax | 2010-10-29 15:36 | 更年期障害のこと

隣の女性

夕食に入った店で隣り合った女性。
私より少し年上かな。

テーブルの間隔が近く、どうしても会話が耳に入ってくる。

どうやら、同じ病気。

同じホルモン療法中。

ホットフラッシュに悩まされているといいながら

友人らしき女性と食事をしていた。



みんな、同じ思いを越えて、ひっそりと強く立っている


そう思って店を出た。


最近書く内容の繰り返しのようになってしまうけれど
治療を終えて一般の世界へ戻り出すと
自分がいわゆる病み上がりだということを
却って感じるようなこともある。

体力は落ち、動悸があり
記憶力が低下している気がする。
やはり術側の腕は少しだるく、
重い荷物を持つことを、極力避けたくなる。
少し長さの足りない髪。伸びきっていない細い睫は、マスカラが乗り切らない。
ホットフラッシュと、その逆の寒気の対策のために
極力体温調節の効く服装が必要。
ハイヒールや革靴はもうはかない。

以前だって、自分の容姿や仕事のパフォーマンスが完璧だったわけではないのだ。
だから、
今の状態は、そのような自分に変わったということで、普段は納得しているのだけど
やはり、寂しさを感じることもある。
皆と違うかもしれない、と思うことは誰だってちょっとぎこちないものだから。

そして、先週だったか
一緒に仕事をしていた仲間の華々しい現在の姿を
偶然知ることとなってしまって
実はそのことで久々に大きなため息をついた・・・という出来事があった。

病気のせいだけではない。それは分かっている。
でも病気で休んだことは、キャリアの上ではブランクになってしまったことは確か。
まあそれも含めての人生で、
かなり進行した状態でヘビーな治療を乗り越えて、
また仕事に戻れるだけでも私はかなりラッキーであると言える。
そして、少し新しい分野で目標を見つけて、ゆっくりとチャレンジをはじめているのだけど
感じ始めていた手ごたえや充実感が
とてつもなく陳腐に見えるような
そのくらいの眩しさをもって、元同僚の姿が飛び込んできたのだ。


そんな風に思っていたところに、
偶然隣り合わせたおなじ病の仲間。

大丈夫、またやって行ける。
そして私は、今の私でOK。
成功をしている同僚に拍手をして、眩しさに目を細めて
そして私は私の道を行こう。
仲間だって実はたくさんいる。

まだ、30代だもん。ゆっくり進んでも、遠くへ行けるはず。


これが私の人生。
[PR]
by reeelax | 2010-10-12 09:42 | 病気のこと

34歳 シングル 始まりは乳がんstageⅢC。術前化学療法・部分切除・放射線治療・術後ハーセプチンまで終了。現在ホルモン療法中。自分の心と体を大事な友人のように扱いながら治療の日々を過ごしてきました。


by reeelax
プロフィールを見る
画像一覧