<   2009年 09月 ( 12 )   > この月の画像一覧

明日はもっと自分のことを好きに

J-waveでこの頃よく聴く曲。
サビの歌詞にちょっとはまった。



明日はきっとあたしはもっと
自分の事好きになれるような気がするよ
今日だけなら泣いてもいいの
明日また笑えるように

Hanah「明日また、笑えるように」→YoutubeのPVへ



連休中に出かけた、患者の集まり。
グループに分かれて話す時間があった。


離れたテーブルから
泣いている声が聞こえて来た。
告知後間もない人や手術を控えているというチームA。
思わず寄り添って肩を抱きたいような気持ちになった。

去年の私と同じだと思ったからだ。



去年の告知から、必死で一日ずつ過ごしてきた。

1年が過ぎて、抗がん剤、手術、放射線も終わった。
物理的に、治療は一山越えたと思っていたけれど
気持ちの面でも、もうチームAではないんだな・・・と思った。
私が振り分けられたチームでは、時折笑いも交えなから
新しい薬のこと、がん対策基本法、海外事情など興味深い情報交換が続く。
こんなに平然と、乳がんのことを話している自分がいることに気づいた。



今でも治療は続いている。
たくさんの覚悟を決めて、もちろん手放したものもあるかもしれない。
だけど幸運にも、そこそこ楽しく過ごせるくらいには回復してきて

「乳がんの私」じゃなく
「私の乳がん」
という捉え方ができるようになったのかもしれない。
たとえそれが、一時的なものだとしてもとにかく今は。



告知直前から治療初期は、心身ともに一番つらかった時。
長い術前化学療法から手術にいたる間
なるべく平静を保つために、詳細をブログに書いたことはあまりなかった。

でも気持ちの面はともかく、受けた治療/副作用のことなどは
記録に残したいと思ってきた。
今からなら、私の「チームA時代」を
書き出すことができそうかな。


にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by reeelax | 2009-09-27 13:17 | 病気のこと

つけ眉毛なるものの存在

連休。


*病気についての勉強会・講演会3つに出席。
 ピンクリボン月間なこともあるのか、この所催しが多いと思う。
 それぞれ得るものがあり、やはり馬鹿にできない。
 治療が始まった頃は、とにかく必死で一生懸命自分から情報を求めて行ったけれど
 ひと段落した今、知識欲も少し下火。
 だからこそ、出かけて行って話を聞くことで
 情報(とモチベーション)をアップデートしようと思った。
 
 講演会などに出かけて行くと、封筒いっぱいの資料ももらえることが多い。
 ウイッグや下着のカタログ、
 ネットに出てこない、地域の患者サロンの開催日のお知らせなどが入っていて
 これも貴重な情報源になる。

 興味を引かれたのが「つけ眉毛」の紹介。セレンディップジャパン
 つけまつげではなくて、アイブロウの方だ。

 眉毛は、比較的メイクでカバーしやすいし
 アートメイクのようなものもあるけれど
 よりリアルを追求したい場合にはこんなものもあるのだと驚いた。
 

*仏滅の日を狙って、フォーシーズンズホテルのアフタヌーンティーへ。
 日本庭園でたっぷり歩き回った後のお茶はおいしかった。
 スコーンはしっとりタイプで好み。
 フォアグラのせブリオッシュに感動。
 乳製品やアルコールを自分なりにセーブするようになってからは
 フレンチからも自然と遠ざかっていたので
 こんな小さいサイズで充分。


*プチ模様替え
 やはり間接のこわばりが強く、ホットフラッシュもしぶといので
 ソファーと扇風機とテーブルをもっと使いやすい位置に。


*久し振りに本屋さんで気になる本をがっさり買う。
 ずっと図書館ばかりだったから満足度高し。


シルバーウイークは毎年あるわけではないという。
次回は2015年とか。


にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by reeelax | 2009-09-24 22:32 | 脱毛のこと

映画「プール」

ブログでお付き合いさせていただいている方が
明日からタイへ旅行に行くそう。

偶然なことに見たばかりの映画もタイを舞台にした作品だった。

プール 公式サイト


めがねやかもめ食堂と似たゆるい空気感と
行ったことのないタイという国の様子を見て、旅行気分に浸りたかったのだ。

スクリーンで見ると、建物や市場の中に入り込んでいる感じがした。

カメラの動きもスローでなごみそのものだった。
映画のはじめの方に、
題名にもある通りプールが出て来るのだけれど
そのクローズアップから引き画になって行く時も
ただ、直線的に引くのではなくて
ゆっくり少しずつ引いていって、最後ふわりとカーブして
斜めからの俯瞰にしている。
その柔らかい動きが心地良くて
「これは何目線???」と思ってワクワクした。

美しい仏像や、おいしそうなタイ料理。
本気でタイへ行きたくなっていたところでの
旅行のお知らせだったのでお土産話を聞くのが楽しみ。
お天気に恵まれるようにと願っています。



さてここから先はストーリーに関する感想なので
記事を閉じておきます。

More
[PR]
by reeelax | 2009-09-17 15:05 | 日々のこと

放射線終了 10日後 体調メモ

放射線は、終了してからもゆっくり影響が出てくると聞いていたので
引き続き記録をしていきたいと思う。



皮膚に痛みはない。

首の後ろの炎症は、少しずつ改善しているものの、ざらざら。
一見、アトピーっぽいと言われる。

乳頭も少し皮が剥がれはじめている。

乳房全体がかさついた感じ。
よくよく見れば毛穴も目立つような感じ。

首の後ろ、首の前側の一部、胸の谷間の下のほうの痒みが時々出てくるので
お風呂上りに処方してもらったオイラックスを塗っている。

一番褐色に焼けているのはやはり首の後ろ。
あとはくっきり日焼けしている場所はなく、
術側の乳房の外側が少し褐色で、内側に行くほどグラデーションで薄くなっている。



乳房・乳輪・乳頭とも大きな変形などはまだなし。



そろそろ、窓を開けていると涼しく
温かい飲み物がおいしくなってきた。
無農薬のレモンが手に入ったので
ジャムの空き瓶を煮沸して、スライスしてはちみつと一緒に漬けておいた。
お湯に溶かして飲んでみる。
湯気と一緒にほんのりと抜ける苦味。

いつの間にか、蝉の声は消え
鈴虫の澄んだ音が聞こえるようになった。


にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by reeelax | 2009-09-15 19:33 | 放射線

ハンカチ

週末は、新しいお店のオープニングイベントへ。



そのお店に関係の深いクラフト作家さんの絵がハンカチに印刷されたものを
持って行った。

そのハンカチに、私は自分なりにリメイクというか手を加えていたのだけれど
たまたまそれを目にした方が声をかけてくれた。

その方は作家さんのお友達で、これから本人と食事の約束があるので
そのハンカチを写真に撮って見せてもいいか、ということだった。

まさかそんなことがあるとは思ってもいなかったけど
こんな風に作品を楽しませてもらっているということを
知ってもらえるなんて、ちょっと嬉しかった。



その日は、初めての人と話をする機会も多く
新しいつながりができる気配がした。



今までは治療のことで頭も体も精一杯な気がしていたいたけど
治療の合間に、手を加えていた一枚のハンカチが
新しいエピソードを呼び込んでくれた。

こうやって、いろんなことがつながり合って
人生が少しずつ前に進んでいくのだなと思う。
好きなこと、楽しいことはやっぱり大事にしていこう。


にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by reeelax | 2009-09-14 19:40 | 前向きなこと

抹茶白玉とブラウンライスカフェ

空気が涼しいこのごろ。
キッチンに立つ気力が少し増えてもくる。

冷たいデザートはもう終わりかなと思い
最後に2色白玉を作ることにした。

白玉粉を買ってきて
半分は白いままつくり
もう半分は抹茶を混ぜていく。
「耳たぶくらいの柔らかさ」の塊をゆっくりこねていく。
まるめて、ちょっとひらたくつぶして、という作業を黙々と。
やさしい感触にほっとした気持ちになる。


くつくつと煮立ったお湯にぽとぽと落として
ふっくらと浮き上がってくる姿もかわいい。

抹茶の方はお湯で煮ると、緑の色が一気に濃くなる。

そのつやつやの白玉たちを冷蔵庫でひやして、
つぶあんをたっぷり乗せて食べた。


抹茶はブラウンライスカフェのデリで買いだめしているもの。 


10年以上農薬・化学肥料を使っていない土地で作った、
無農薬・無化学肥料のパウダー茶
などと書いてあって思わず手に取った。
私はそこまで緑茶を飲む方じゃないから
一袋50グラムだけど結構長持ちする。
杉本園の春のめぐみ 

今まで飲むだけだったけど、これってもしかしてお料理にも使えるのかしら。
混ぜご飯とか、パスタとか、ムニエルの衣にもいいのでは。。。


今回検索していて新しく知ったのは
ブラウンライスカフェにオンラインショップがあったということ。
ここのお店のセレクションは好きだから
わざわざ出かけなくても買えるのは嬉しいな。
今って本当に恵まれた時代。
上手に使って、少しでもいい気分で過ごしていきたいな。 


にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by reeelax | 2009-09-11 10:14 | 日々のこと

ハーセプチン(11) 30分だと楽

随分前から予告されていた通り、
今日からハーセプチンは30分で点滴されることになった。

化学療法の主治医に確認したところ

◆60分で点滴していた頃と量などは何も変更なく
 点滴のスピードが倍速になるだけとのこと。

◆スピードが早い分血管にかかる圧力が強くなるので
 人によっては血管痛が起こる場合もある。
 違和感があったらすぐにナースコールすること。

前回くらいから血管の確保が難しくなってきたため
今日からは毎回、上手な師長さんに針を刺していただくことになった。
針刺し当番の若い先生がたの練習台にならなくて済むことが分かって
気分的にほっとする。

先生は、30分間の点滴であれば、今まで使っていなかったより細い血管も耐えられるので
「この腕ならポートなしでもまだ行けますよ。
うちの通院治療センターには、上手な人たくさんいるから大丈夫」
と言ってくれた。


そろそろ、大人気の手首の血管も難しくなってきて
針は手の甲から。

ハーセプチンの前後には生理食塩水を3~5分落とすのだけれど
今回、初めの生理食塩水が始まったら手の下にそれが漏れて来た。
そんなことは初めてだったので相当驚いてしまったけれど
確認してもらったら、針とチューブのつなぎ目のスクリューの閉め方が
甘かっただけだったらしい。
生理食塩水でよかったかな~と思いながら、改めて点滴スタート。

言われてみれば、確かにぐんぐん入ってくる感覚のようなものがあり
痛みというほどではないけれど、針が入っている近くの血管は圧迫感のようなものがあった。
それでも、30分とは本当にあっと言う間だ。
ipodで音楽を聴いている間、アルバム1枚分にも満たない間にさっさと終わってしまう。

はじめてのやのあきこ

矢野顕子 / ヤマハミュージックコミュニケーションズ



この間のTokyo Jazz、ブログには書いていないけどその前にライブも行ってきた
矢野顕子のアルバム。
キヨシローと一緒に歌っている「ひとつだけ」を聞いていたら不覚にも涙が湧いた。
針刺しでは痛くても我慢したというのに。
針刺しは痛いけど、それは生きていくための痛み。
私には、必要な痛み。

目をぐいっとぬぐって、私は午後の楽しい予定のために席を立った。

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by reeelax | 2009-09-09 22:23 | 術後ハーセプチン

爆笑の目覚め&MDアンダーソン上野先生の講演へ

自分の寝言で起きてしまう、という話は聞いたことがあるけれど
自分の笑い声で目が覚めた。



夢の中では
最近自分が気に入っているもの、興味のあること、心配に思っていること
などが絶妙にミックスされて、まあけったいなお話が展開していた。
「現場」では笑いのツボが一緒な妹と
子供の時よくそうしていたように、ゲラゲラ笑っていた。



そして目が覚めて、「あっ、夢だったんだ」と気づいても
そのおかしさは持続したままで
酔っ払ったように笑って笑って
多分免疫力はアップしたと思うけど、はたから見たらちょっと恐い朝だったかもしれない。



そんな日曜日、
千葉県がん患者大集合2009というイベントに出かけてきた。

MDアンダーソンの上野先生が「最高の医療をうけるための患者学」という講演をされること
同じ病気を経て、千葉県がんセンターの患者相談支援センターで
ピアーカウンセラーをされている野田真由美さんもお話をされること

などから、楽しみにしていた。



上野先生の講演の内容は、「最高の医療をうけるための9か条」を教えてくれるもので
その内私に響いたところは

◆システムを変えるのは簡単ではないけれど、自分自身をかえるのは可能である

◆がんは慢性病 マラソンを走ると思ってください
 
 自分にあった最高のコーチを見つける
 ペースをつくる (速過ぎも遅すぎもだめ。
 長期と短期のゴールを決める

◆医師の許可をもらって説明を録音することも、話を理解するひとつのやり方。
 メモを取らないで話を聞くことに集中できる。

◆自分で情報を調べるのも良いけれど、今のネットなどの情報には根拠のないものもある。
 だから、医師に自己学習法を聞くことはおすすめ。


◆ビジョンを持って「楽しく」がん医療に取り組む。
 (幸い私は、今の所体に辛い症状はない。
 だから自分なりの目標や励みを見つけて、心は健やかに、長期戦の治療をこなしていこうと思った。
 そして、やっぱり、自分のためだけでなく、病友さんと知識や経験を分け合って行きたいと思えた。)


今回の講演は、一部この本に沿ったものだと思うので
あらためて読んでみようと思い、会場でも購入した

最高の医療をうけるための患者学 (講談社+α新書)

上野 直人 / 講談社




上野先生はとても声が明るく、講演がお上手だと思った。
聞いていると安心して、ポジティブな気持ちになれる穏やかな話し方をされる先生だ。

最近講演会や勉強会などへ行って、
ドクターや医療関係者のお話を聞く機会が増えたけれど
真面目で、表情も固めな方が多いと思う。
エンターテイメントを期待しているわけではないので別にいいと思っていたけれど
やはり、生き生きとした語り口の方が、こんなに気分がよい。
講演の内容以上に大事な何かをもらえた気がする。



会場いっぱいの、がんと向き合う人々。
はじめて、乳がん限定でないイベントに行ってきた。
こういう会に出かけると、いつも決意がみなぎる。
私も自分のできることを、自分のペースでやっていこう。
人生を楽しんでいこう。
そして今日は新しいことをひとつ。
小さくてもいいから、目標を持って動くことを、思い出さなきゃね。

+++++

【追記 2009年9月23日】
上野先生のブログ「がんのチーム医療」は→→→こちら

*カテゴリ<だいじなリンク>にもリンクを追加しました。

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by reeelax | 2009-09-07 21:05 | 病気のこと

放射線 第5週 体調 首の後ろ炎症

ついに25回の放射線も終わり。
随分涼しい1週間。
出歩きやすい夏、毎日通院でリズムもついて、
出かけたついでに却って色々な場所に行っていた気がする。



◆かゆみ

第4週の終わりの週末くらいから、肌にかゆみが。
胸の皮膚が少し乾燥したようにカサカサに。伴ってかゆみ。
首の後ろ側(放射線が抜けて行く場所)にかゆみがあり、水泡が出てきた。
寝ている間に掻いてしまうようで、少し炎症も。

オイラックスHクリームを処方してもらう。



◆だるさ

全体的に何となく眠いと言うかだるい感じはあり、初期より強まった。
ただ、体調的には良いので
ライブや、買い物、お友達とのお茶などには出かけて行き
そのかわり休む時間はしっかり取る、ということを意識。
朝は自然に目覚めるにまかせていて、
今まで7時台には起きていたのだけれど
このところ睡眠時間は長めになった。
気づくと2度寝して10時くらいになっていることもある。



◆ご褒美

Tokyo Jazz 2009のガラへ。
当初、もしかしたら放射線治療の影響で行けなくなってしまうかも、と思ったけれど
何か目標になるご褒美を作っておきたくてチケットを買っていた。
思ったほど肌に影響も出ず、元気で出かけて来れたことが嬉しかった。

国際フォーラムAホール・・・大箱すぎて音がはるか遠くだったけれども
ずっと生で見たかった上原ひろみのキュートな笑顔と、迫力のピアノに浸ってきた。
矢野顕子との共演は、音の重なりがすごいエネルギーだった。
ウーター へメルのハートフルなステージは、もっと距離が近い場所でまた見に行ってみたい。

素敵なコンサートは、旅に出かけるのとちょっと似ているかもしれない。



にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by reeelax | 2009-09-05 14:08 | 放射線

非病友→病友

気になっていた友達と、久し振りに連絡を取った。

マリンスポーツつながりで、一緒に旅行にも出かけるようなグループのひとりで
同じ部屋に泊まったこともある。
恒例の旅行の時期が近づいた時のやりとりで
私が手術をしなくてはいけない旨連絡をすると
「実は私もなんだ!」という連絡をくれていた。

その時はお互い「じゃあがんばろうね」とあえて深追いしなかった。



そのまま春が過ぎ、夏が来て、
またそのグループで暑気払いの集まりがあり
連絡が来たので、
良い機会と思って、体調を伺うメールを送った。


彼女は、がんでこそなかったけれど婦人科系の病気で
割と大変だったのだと教えてくれた。
私も、胸の手術をしたこと、まだ休職中であることなどを伝えた。

同じ歳の彼女とは「やっぱりお年頃かねー」などと思わず盛り上がった。
お互い、自分の病気のことを随分受け入れられた今だからこそ
こうやって話せるのかもしれないね。



海で遊ぶのが大好きな私達。
彼女は、主治医からOKをもらっているものの、
お腹にできた手術の傷跡のことが少し気になっていて
今年は海に出かけなかったそう。

私も脇の下にも傷があるんだよ、でも海には絶対行くつもり~
と送ると
じゃあまた一緒に行こうねと返ってきた。

ぱっと明るい笑顔の彼女を思い出して、とてもいい気分になった。


体に傷持つ同士なんて、気兼ねなく海に戻れそう。
時間がかかっても、トレーニングして、絶対体力回復するんだ。



とにかく、詳しくは会って話そうということになった。
歳も同じだし、お互い独身で、病気になった時期まで一緒。
今までも色々と相談しあって来た仲の彼女と
また気持ちを分かち合えるなんて、思ってもみなかった。
心の中が温かくなった。


にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by reeelax | 2009-09-03 19:02 | 日々のこと

34歳 シングル 始まりは乳がんstageⅢC。術前化学療法・部分切除・放射線治療・術後ハーセプチンまで終了。現在ホルモン療法中。自分の心と体を大事な友人のように扱いながら治療の日々を過ごしてきました。


by reeelax
プロフィールを見る
画像一覧