<   2009年 02月 ( 24 )   > この月の画像一覧

ウイークリータキソール8回目 当日~3日後

今朝は思いがけず
大粒の雪が降っていてとてもきれいだった
こんな日に靴や服装の心配をせずに
暖かい部屋の中から
景色を眺めていられるのは
小さな幸せだと思う


さて点滴の当日
今回は右腕。
先生がやって来て血管を探る。
カイロをあててあたためていたはずなのに
こすられたり裏返されたり時間がかかったので
ようやく場所が見つかったときには
「痛いのかな?」と思ってドキドキしたけど
先生の一言で救われた。
「患者さんはここまでの待っている間が一番不安ですよね。
今から刺しますから。」

まさにその通りだったのでほっとして、笑顔が出た。
仮にドクター用の営業トークマニュアルがあるとすれば
是非採用して欲しいひとことだ。

今回の先生も上手で痛みもなく終了。
針刺しがスムーズだと、点滴中の安心度が全然違うから嬉しい。

前日プレイリストづくりで一日中遊んでしまったipodを持ってきた。

入れたばかりのこのアルバムを選ぶ。

マインド・リフレッシュシリーズ「セイシェル~鳥の歌」

ヒーリング / ソニー・ミュージックハウス



波の音や鳥の声など、自然の音だけ。
海がきれいなところによく旅に行ったから懐かしい。
タキソールの眠気で、海の上でお昼寝をしている気分を思い出す。

当日から3日後の今まで
まだ痛みは出ていない。

足の痺れは徐々に強くなっているけれども
痛みを伴うものではなく、
感覚が麻痺するような方の痺れが
足の指先と、かかとのところにある。

手は、両親指の先が、少し感覚が鈍くなっているような感じが最近してきた。
痛みもなく、キーボードも問題なく使える。

3日後の昼食後から、弱い腹痛。
でもお腹の調子は変化なし。

味覚も変化なし。


昨日は実家に泊まった
母に、来週からのハーセプチンの説明をする。
初めての点滴の後は、熱が出ることが多いらしいから
ちょっと緊張する。

来週からは点滴の時間が60分延長になる
また新しいプレイリストを編集しておこう。


にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by reeelax | 2009-02-27 16:57 | 術前化療 タキソール

検査の前に思ったこと

今日は午後から病院に検査に行ってきた。
いつも通院する時間帯とは違って患者さんが若めだった。
早朝はさすがにお年寄りが多いから・・・


検査の待合室では、化学療法中と分かる熟年の男性や女性に
付き添ってくる娘さん達も出入りしていた。
私と同世代くらいだ。

明るい色のコートや、チャームが下がったブランドもののバッグ。
目新しくて、ちらちらと見てしまった。

でも、待合室でじっとしているその姿を見ていたら少し胸が痛んだ。
今日の彼女たちの気持ちがわかるから。

病気と闘う父を見ていてとても心配だった。
治療はつらくないのかな
どれくらい痛いんだろう
自分の前だからと平気なふりをしているんじゃないだろうか
私のことは心配しないで治療に専念してという気持ちをどうやってわかってもらえばいいのかとか
いろんな気持ちがぐるぐると回っていたな。


その時、看護師さんがやってきて少しお話した。
治療の状況を知っていて
困っていることはないかと聞いてくれる。
最後に「がんばりすぎないでね」と言われたとき
思わずうるると来てしまった。
何でだろう?


心エコーの結果は問題なし。
来週からはタキソールとハーセプチンの2本立て。


今、何とかやっと保っている静かな毎日
一日一日大事にしよう。
それから、周りの人達への感謝は忘れない。
今はたくさん甘えさせてもらいますけど♪


にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by reeelax | 2009-02-26 22:33 | 術前化療 ハーセプチン

「乳がん最新特集」-がんサポート最新号

最新の「がんサポート」2009年3月号(¥1200)には
およそ60ページに渡り乳がんの特集が組まれています。

目次はこちら

がんサポート 2009年 03月号 [雑誌]

創英社




ちょうど今日、ウイークリータキソール8回目の点滴があったので
病院で買って来ました。

点滴の後は強烈に眠いので
まだめくり読み程度ですが、情報量が多く
初発、再発、トリプルネガティブ、Her2陽性、
新薬タイカーブ(ラパニチブ)やフェマーラ(レトロゾール)
内視鏡法、凍結法などの新しい手術、化学療法の効果測定など
乳がんの治療をされている方それぞれが、
希望を持てる記事を
見つけられるのではと思いました。



自分にあてはまる病状が取り上げられている記事として
HER2陽性局所進行乳がん患者に対して行われた
大規模試験の結果に目を惹かれました。
術前に抗がん剤とハーセプチンの併用療法を行うことで
高い病理学的完全奏功率などが得られることを示したそうです。

AC終了後は
ウイークリーでタキソールのみでしたが、
単体での副作用も効果もある程度把握できたので
次回からハーセプチン併用も検討していたこともあり
この記事をお守りのように持っていることにしました。



若年性乳がんで30代の私は、巻頭のインタビューもためになりました。
「34歳でがんはないよね?」の著者である読売新聞記者の本田真由美さんが
治療や3度の手術、再建を乗り越えながら働き続けつつも「うつ」と闘い悩む日々を
主治医である鎌田實さんに率直に語っていらっしゃいました。
今は休職中ですが今後復帰する際には
自分なりに、仕事との新しい付き合い方を認識しないとならないなと改めて思いました。


にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by reeelax | 2009-02-25 00:32 | Book - 病気

新たまねぎ せいろで蒸すシアワセ

新たまねぎが出回るようになって
地場産のものを見つけたので買ってきた

まるごとコトコト煮込んでスープにしようか
生のままでスライスしてサラダもおいしいけど

ちょっと寒さが戻ったので、久しぶりにせいろを使うことにした

シュンシュンと湯気が上がる音に
気持ちが暖かくなる。
せいろの竹の香りもほんのりしてくる。

時間が来たら、
テーブルに運んでからふたを開ける。
湯気がほんわか上がってくるのを楽しみたいから

上手に蒸せていると、
野菜は半透明にふっくらと濡れていて
とてもきれい。

濃い緑色のキャベツの葉を敷いた上に
新たまねぎの乳白色が映えて、思いがけず鮮やかでうれしかった

ごま油やちょっといいお塩や、
しぼりたてのお醤油やゆずこしょうなどをつけていただくと
甘くてとろとろで、とってもおいしい。

ちょっと、平松洋子さんのエッセイの世界みたいで
自己満足。


にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by reeelax | 2009-02-24 20:40 | 日々のこと

白血球を増やしたい

白血球、何とか増やせないかな~と思っている。

ウイークリータキソール中の私の通院スケジュールは
週に一度の点滴×3回 & 一週休み
で、休薬週の次の週の点滴の時に採血する。

ここ3回の私の白血球は2400、2500、2900で
先生は「低め安定というかんじですね」と言ってくれるけど
化学療法を始めた時に
「だいだい3000くらいあれば」と言われていたのが記憶に残っていて
寒さも続くことだし
これ以上白血球が減らないように
何かできないかなと思った。

病院で「白血球を増やしたいのですがどうすればいいですか」
とナースや栄養士さんに聞いてみたけれど
抗がん剤の副作用なので
医学的に即効性があるものは注射くらいみたい。

それではと頭を切り替えて、
自己満足でもいいから、何か行動してみよう、と思った。
食事、睡眠と音楽くらいしか考えつかないけれど・・・



☆食事☆

体の細胞は半年で入れ替わると聞いたことがあるから
やっぱり食べるものは大事だと思う。

白血球は寿命が短くて、4~5日で全部入れ替わるらしいけど
新しい血液が造られるときに、体に少しでも力があれば
ちょっとサービスして白血球を増やしてくれるかもしれない。

静岡県立静岡がんセンターのSURVIVORSHIP.JP
 「抗がん剤・放射線治療と食事のくふう」というページでは176のメニューを、
 症状別に絞込み検索できます。
 「白血球減少」の時のおすすめメニューもあります。

デザイナーズフードの一覧表も、買い物の時の参考に。

実際やってみたことは
○あきたこまちの玄米にチェンジ。

玄米の良さは色々なところで言われていたけれど
何となく白米を食べていたので思い切って買ってきた。


○きのこ類と海藻類を食べる量を増やす。

卵焼きにもお味噌汁にもおかずにも投入。
ブラウンマッシュルームとブロッコリースプラウトのサラダはおいしかった~。


○バナナと林檎を、朝一番に毎日食べる。

色々な方が白血球を増やすために食べているのを見て、真似してみることに。



☆睡眠☆

小倉恒子先生のブログ
にも、
安保先生という免疫の大家に
「横になると骨髄が回復するから寝るように」と言われていた
という記述があるので、
お昼寝や早寝をしてみよう。

体を回復させる、成長ホルモンは、午前1時頃にたくさん分泌されると分かっていて
それが、眠ってから1~2時間後だとさらに良いということを何かで知って
妙に印象に残っているんだけど・・・

ひとりで過ごしていても、
読みたい本や聞きたい音楽がつきなくて
つい夜更かししてしまう。
眠るのは今の私の仕事と思って、やらないと。



☆音楽☆

もともとモーツァルトの清潔な音楽が好きなので
聞きたいときは延々と聞いてみることに。
ipodに100曲以上入っているので流していると楽しい。

子供の頃から習っていたクラシック音楽の先生方は
お年を召してもみんなキュートでふんわりとしていて
素敵な雰囲気が大好きだった。
音楽にたくさん接していると、こんな風になるのかな、と
憧れていたことを思い出す。

モーツァルトの音楽と免疫力の関係は色々本にされていて
読んでみたけれど、
自分が好きな音楽なら
気分転換の助けになるのではという程度に思っています。


愛のモーツァルト療法

篠原 佳年 / マガジンハウス



健康モーツァルト療法―免疫音楽医療入門

和合 治久 / 春秋社





☆その他☆

本当は、ここに適度な運動とかも加えないといけないのかな?
と思いつつ・・・



今日も夜になった。
週末に、彼がベランダのグリーンにもっと日が当たるように移動してくれた。
少し景色の変わった窓の外を見ながら
平和に一日を過ごせたことが嬉しい。
一日誰とも会わなかったけれど
私を心配し、思ってくれる人がいることに
アリガトウの気持ちが湧いてくるよ。


にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by reeelax | 2009-02-23 20:31 | 病気のこと

ウイークリータキソール7回目 4日後~5日後 & ホットフラッシュ対策

今回は、痛みが下半身に集中している。
毎回痛み方が違うなんて、人間の体は不思議。


タキソール(パクリタキセル)の副作用の痛みは
関節痛とか筋肉痛といわれるけれど
私の場合、一番近い例えは骨がしくしく痛い、なのだ。

関節のように節々だけが痛むのではなくて
たとえば脚ならば足首とひざの間も縦方向に痛みを感じて
しかも表面ではないので
痛む場所は「骨のありそうな」奥の方。
夜も眠れるし、小走りもできるけれど
やっぱり気になるし、できれば痛まないでほしい。
ちょっとやっかいな虫歯が痛み出した時みたいなわずらわしさだ。


いつもに比べて、痛みが鋭い気がする。
薬も回数を重ねているし、
寒さもぶり返しているからだろうけど、
来週の診察で、痛みについて先生に相談してみるつもり。

たとえ、そんなにひどくない痛みでも、
長く続けば元気が少しずつ奪われる気がするから
痛み止めなり(既にロキソニンはもらっているけれど)
何かプロの対応を教えてもらおう。
筋弛緩剤を処方してもらった人もいるみたいだし。



しびれは、やっぱりかかと周辺なので
外出のときは足用のカイロをかかとに貼ればとても楽。

そして、湯船につかると楽になるのも相変わらず。
寝る前にアロマオイルでマッサージするとさらに楽。

いつもと同じことを、大事に繰り返す。



ホットフラッシュについては
カーッと暑くなる予兆をキャッチするのが上手になって
洋服の脱ぎ着が早くなったので
多少過ごしやすくなった。
こんなことでも慣れがあるのかと思う。

一番困っているのが夜寝ている時で
布団をはねのけ→寒くて目が覚める
を繰り返すこと。
風邪をひきたくないし、
睡眠は体を回復させてくれる大事な時間なので
できるだけぐっすり休みたい。

パジャマの重ね着だけではあまり上手に対処できなかったので
まず、シーツをモコモコのものに取り替えた。
うまく表現できないのだけれども、
ムートンのブーツの中側のモコモコが、パッドになったようなもので
肌触りよく、とてもあたたかい。
これだと、掛け布団が中途半端でもある程度大丈夫。

先週、さらに快適に眠りたいと思うようになって
思い切って一度オイルヒーターを弱く付けたままにして寝てみた
エアコンと違ってのどや肌への負担も心配しなくて済むし
よく眠れた。

もっと早く試せばよかった。。。


今日は図書館でどっさり本とCDを借りてきた
なんと夢のような場所かと思う。

来週の点滴まで、あたたかく、ゆっくりしていよう。


にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by reeelax | 2009-02-23 00:07 | 術前化療 タキソール

静かな午前中に思うこと

土曜の朝はいつも平和だ。
午後からの予定を楽しみにしながら食べる朝食が大好き。

フルーツを口にして

きのう作ったジンジャーシロップを
豆乳入りの温かい紅茶にたっぷりと入れ

ほうれん草のオムレツと
玄米入りのトーストを頬張る。

あまりに静かで穏やかなので
音楽はかけずに過ごす。


明るい日差しと新鮮な空気を部屋に入れて
掃除が終わった後
もう一度お茶を入れながら
こんな本をめくってみた

北欧ストックホルムのガーデニング

ジュウドゥポゥム / ジュウドゥポゥム




北欧の夏の草花の色は、
日本の春の若葉のような
やわらかい色をしていて

写真を見ているだけで
気持ちの良い風が吹いてくるようだった

春になったら
私の小さなベランダも
もっと緑を増やそうと思う
何か、花の咲くもの
こんな風に穏やかな気持ちが続くように
守ってもらえるように

こんな風に小さな幸せを感じられること
これはある意味贅沢なんだ・・・
病気になったことは
不運というしかないけれども
見えるようになったことが
たくさんある

この気持ちが光になって
私の体を強くしてくれますようにと思う


にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by reeelax | 2009-02-22 01:15 | 日々のこと

ウイークリータキソール7回目 当日~3日後

今回は、若い女性の先生がやって来た。
親しみやすいあたたかい感じの先生だ。
この先生がちょっと素敵だった。


点滴は左腕から。
私にはよくわからないけれど、私の左腕は血管をとりにくいみたい。

採血の時も点滴の時も
左の時はじーっと眺められる時間が長くて
指先であちこち触れられて
うーん、とかそうだなー、という言葉の後に
場所が決まることが多いから、
そうなんだろうと思っている。

今回の先生は、私の腕の色んな場所をチェックした後
「いつもどのあたりを使っていますか?」と私に聞いた。
最近3回くらいの場所を教えると、
先生は笑顔で
「じゃあ、それいただいちゃいますね。」と言って
以前の針跡の近くにささっと血管をとり、
ニコッと微笑んで消えていった。

痛くもなかったし、鮮やかだった。

若く見えたから、少しだけ経験が浅かったのかもしれない。
だからこそ先輩の先生がとった血管を参考にして
確実に、やり直しのないように、したのかなと思った。
そういう選択ができるのも、プロだなと私は思うんだ。

その分、患者の私は待っている時間も少なかったし
不安になることもなくて
小さなことだけれどとても嬉しかった。


ちなみに、以前点滴中に痛みに悩まされたので
今回は自分でも小さな対策を立てて行った。
朝から、大き目のホッカイロを
ずっと指先や左の腕にあてて、あたためていた。

先生の上手な針刺しのおかげもあってか
今回は全然痛まず、
ゆっくり音楽を聴きながら、うとうとできた。



今の所の副作用は、いつも通り
眠気と足のしびれ。

しびれは、
今まで指先中心だったのに比べて
今回はかかとから。
足用のホッカイロをかかとにつけると
あたたかくて気持ちがいい。
クッションにもなるから、歩くときも楽。

手の指先にはまだ痺れが来ていない。
腹痛も味覚障害もまだない。

先週末の陽気がウソみたいな
こんな冬の日
あたたかく過ごせるように、
今夜はジンジャーシロップをつくろう。


にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by reeelax | 2009-02-20 18:36 | 術前化療 タキソール

エコーの結果 そして患側は

先週、検査を受けてから、結果を聞いている間も
健側の「何か」のことが気になっていたので
肝心の患側のことについてあまり頭に入ってこなかった。

検査結果をあらためてよく見てみる。


ステージ3Cからのスタートだったので

胸のしこりは、最初6センチあったのが2センチに。

脇の下のリンパも、13あったのが3まで減ってサイズもミリ単位に。

鎖骨の上下も、それぞれ1センチを超える転移があったのが、消えた。


今書き出してみると、ああ、治療がちゃんと進んでいるんだな、という気持ちになった。
自分の体、がんばっているな。


昨日、7回目のウイークリータキソールだったので
残り5回。

終わったら検査して、外科の執刀医から術式の提案。
私は手術のセカンドオピニオンを別の病院にも聞きにいくつもり。

先週、小心者全開だったけれども
ここで知り合った、同じ病気の皆さんに励ましてもらって
しのぐことができて
残りの点滴に向かってがんばろうと思えている自分がいます。
ありがとうございます。


ベランダを見ると
買ってきたときにつぼみだったラナンキュラスも
いつの間にか花を開いていて、
瑞々しい控えめなクリーム色を見せてくれた。

幾重にもかさなりあった
生まれたばかりの花びらが
まるで一日一日の積み重ねみたいに思えて

こんな風に華やかでなくてもいいけど
不安も悲しみもあるかもしれないけど
穏やかな気持ちで包んで
進んでいけたらいいな。
わたしなりに。


にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by reeelax | 2009-02-18 17:41 | 術前化療 タキソール

エコー結果 健側の胸に見つかったもの

ウイークリータキソールも折り返し地点の6回目を終了し、
その効果を見るために先週エコーを受けてきた。

その際、なぜか健康側を念入りに調べられ、
画像も何枚か押さえられたことでナーバスになってしまった。
そのときの記事と励ましてくださった方のコメントはこちら

私は朝から緊張していて
ワイパックスを一錠飲んでいったにも関わらず
採血の時に気分が悪くなってしった。
目の前がちかちかして、まっすぐ座っていられない。

仕方がないのでまたもやベッドで横になって採ってもらった。
恥ずかしいけれども、仕方がない。


そして先生の診療。


健側の胸には、確かに肥大したリンパ節が見つかった。
胸というより脇の下に近い場所、
ちょうど検査で何度も角度を変えて
画像を保存された場所だ。



先生ははっきりと、これは悪性でないと言った。
サイズも、10mm以下。
健康な人でも10mmくらいの大きさになる人もいるとのこと。

何より組織の成り立ちが
がんとは全く違うことがエコーで分かっているということだ。
エコーの結果は、技師さんのレポートをベースに
外科の執刀予定の先生も確認している。
信じても良さそう。

私があまりしつこく心配するためか
念のため触診もしてくれたが
先生の指にも何も触れなかった。



肝心の患側の方だが
一定の効果が出ていて、良い傾向。
抗がん剤は効いている。
今はそれを信じて続ける価値がある。

体から、力が抜けて
椅子に沈み込みそうに感じた。



いつものことだけれど
タキソールの直後でひどく眠いのです。
淹れたばかりのミントティーを飲みきったら
やわらかく暖かいベッドで休むことにしようと思っています。

患側のことについてなど、詳細は次回記録します。

励ましの言葉を送ってくれた方々、どうもありがとうございました。
ひとりじゃないんだと何度も思いました。

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by reeelax | 2009-02-17 19:01 | 術前化療 タキソール

34歳 シングル 始まりは乳がんstageⅢC。術前化学療法・部分切除・放射線治療・術後ハーセプチンまで終了。現在ホルモン療法中。自分の心と体を大事な友人のように扱いながら治療の日々を過ごしてきました。


by reeelax
プロフィールを見る
画像一覧